狐なドヴァキンでスカイリム!

今日は何故かネットが切れまくってオンラインゲームをマトモに遊べなかったので「ローカルで遊べるゲームを!」と言うことで、久々にスカイリムで遊んでみましたー

新PCに乗り換える前に、以前の環境データ(本体、MOD、セーブデータ)をバックアップしておいたので楽に以前の続きをプレイできたのですが、本体のバージョンやUnofficial Patchが最新版まで出ていたのでどうせなら新規で始めてやろう・・と言うことでMODの構成から変更しました。
基本構成は現時点での最新のSkyrim + SKSE 1.7.0でいきました。
 
最新版のクライアントは以前微妙に不具合があった、日本語リソース+英語クライアントが正常に動くようになっていました。
Skyrim - 英語クライアントで日本語表示
具体的な導入方法は、
 1.英語版Skyrimをインストール
 2.英語版TESV.exeをバックアップ
 3.日本語版Skyrimをインストール
 4.2でバックアップしたクライアントを日本語クライアントに上書き
 5.My Games内のSkyrimディレクトリにあるSkyrim.iniの[General]配下にsLanguage=JAPANESEを追加又は変更。
これだけです。
 
あとはMODをガンガン導入していくだけ・・・!

前回同様にワンコちっくな種族Vaalsarkは外せない!
あとは何かないかなー?とファーリーコミュニティを見てみるとなんと、狐さんを追加するMOD「Playable Fox Race - Fennec」ってのが出ていました。
Skyrim - 狐獣人 1 Skyrim - 狐獣人 2 Skyrim - 狐獣人3
VaalsarkもFennecもベースはカジートだけれど、Vaalsarkがカジート寄りなのに対してFennecは原形があまりわからない感じですねー
 
目の色はそれなりに豊富ですが、猫の目みたく瞳孔が細いやつが1種類しかないのが残念。

胴体の毛並みはテクスチャ解像度などの都合であまりフワフワした感じにはなっていませんがそれでもイイカンジ。
頭・・特にマズルの質感はかなりイイカンジ!
ハスキーのマズルを触った時のような硬くてフワッとした感じが浮かぶww
 
毛染め(タトゥー)はRaceMenuに付いていた物を使ってみました。
人間キャラ以外でも結構いけるw
 
続きを読む

Skyrim 日本語版 v1.8.151.0 アップデート

Steamを起動したらSkyrimにアップデートが!
なんだろう?と思って公式サイトからアップデート内容を確認してみると・・・
今回のアップデートで日本語版クライアントバージョンが1.8.151.0.7に!
Skyrim 日本語版 v1.8.151.0.7
やっとルイスの増殖バグが直るのねーw
 

そしてDLC3のDragonbornが日本語に対応したと・・これはキター!って事で早速Dragonbornを購入。
Unofficial Dragonborn Patchを入れる序でに各種DLCのUnofficial Patchを最新の物へ更新した結果・・・
Skyrim - Unofficial Skyrim Patch 1.3.0
貰えなかったモーサルの権利証やシャウトが続々追加されていきますw
Unofficial Skyrim Patchはv1.2を入れていたけれど、まだこんなにバグがあったのねー。
 
Dragonbornはメインクエスト「声の道」をクリアしていれば、道中のランダムイベントでクエストを開始できるNPCと遭遇できます。
Skyrim - Dragonborn
ちゃんと音声も日本語になっているので字幕は必要ないですねー(`・ω・)b
声優も少し変わったようです。

直ぐにでもDragonbornをプレイしたい所だけど、Hearthfireの家も完全にできていないし・・クエスト一覧もゴタゴタしてるので進めるのはまだ先になりそうw

 

ちょっと気になったことがあったのでテストしてみる。
SKSEの動作環境が1.8.151.0なので、日本語版の1.8.151.0で動作するか確認してみる。
Skyrim 日本語版 v1.8.151.0.7 - SKSE+SkyUI
使用したのはSKSE v.1.06.09とSkyUI 3.1。
キーの表示が文字化けしているけれどそれ以外はちゃんと動いているようです。

SkyUIを導入するのはこれが初めてなので正常動作かどうかわかりませんが、セーブディレクトリに作成されるSKSEのログにはエラーが出てないので大丈夫みたい。

Skyrim 死者の安息所ダンジョン。

昨日Skyrimをプレイしていたらスカで「暇だからなんかしよう」と会議通話。
Skyrimやってるからヤダーと言ったら「暇だから見る!放送放送!」と言われて・・放送しましたw
 
これがその時のキャッシュ動画、スカ音声は別系統出力なのでゲーム音のみ。
相変わらず60fpsでエンコすると音ズレが激しいのでfpsを半分の30fpsまで下げてます・・

MODは沢山いれてるけれど、システム変更MODは最大重量10倍MODのみ。
[jwplayer mediaid="2598" width="512" height="410"]

クエは吟遊詩人の大学クエストの「オラフ王の焚刑祭」で行く「死者の安息所」の攻略。
メインのドヴァキンでは行ってなかったのでどきどきでしたw

ちなみに今のドヴァキンはメインストーリー進めていないのでシャウト無し。
ついでに難易度ハード。
ベリーハードは無理すぎる・・

ハードで魔法ダメージ全然食らってないのは、種族特性の魔法ダメージ-50%にエンチャで魔法ダメージ-15%を2ヶ所つけているから。
これ無いと魔法系ドラウグルで死ねる・・w
 
そうそう、今まではドラゴン剣+ドラゴン盾orエルフ盾だったけれどMOD製武器にかえました(`・ω・)b
ドラゴンの剣って強いけどなんか見た目切れ味が良さそうには見えないんだよね・・w
Skyrim - MOD 銀の剣 1 Skyrim - MOD 銀の剣 2 Skyrim - MOD 銀の盾
うーん、綺麗w
やっぱりMOD装備は拘ってる所があるからいい。

今のも良いけど、もっとシンプルなのがいいなあ・・w

Skyrim わんわんキャラでアサシンプレイ。

最近はアサシンプレイをしているので、なんとなくフードの装備が欲しなーと思ってるのだけれど・・・
フードのParkは軽鎧なので重鎧のParkが超無駄に。。

それで、重鎧でフードがついてる装備がないかなーと調べていると・・・MOD「Tribunal Robes」を発見。
Skyrim - MOD「Tribunal Robes」 1 Skyrim - MOD「Tribunal Robes」 2
このMODの装備は服、軽鎧、重鎧とあるのでどのParkをとっていても使えるのがありがたい。

耳がフードから出ないのが残念だけど、このフードからマズルがでてる状態が結構好きなんですよねw
 
この装備のお陰でバックスタブが映えますw
Skyrim - バックスタブ 1 Skyrim - バックスタブ 2 Skyrim - バックスタブ 3
スタミナ吸収が発動して緑ですが・・かっこいい(*´p`)
今は片手剣とParkとエンチャントでバックスタブ時のダメージ12倍ですが、これ短剣のPark取ればもっとダメージ跳ね上がるんじゃないだろうか・・・w
 
そしてこのキャラで初のヴァンパイア遭遇でサングイネア吸血症に感染。
10%の確率に見事に当たってしまった_| ̄|○

ウェアウルフ志望なので吸血鬼になるつもりはないけれど、Vaalsarkが吸血鬼になった時の姿をみてみたい・・・と言うことで時間を進めてみる。
Skyrim - Vaalsark 吸血鬼化前 Skyrim - Vaalsark 吸血鬼化
(左:吸血鬼化前 右:吸血鬼化)

他の吸血鬼と同じように肌(毛皮)の色が変わって、目が赤くなり、牙が飛び出ます。
黒くなるとますますアヌビスっぽさがでますねー
 

それはそうと、この種族は身長が高いw
Skyrim - Vaalsark 身長差
ドヴァキンを見上げるアルゴニアン。

パーサーナックスと話すときにパーサーナックスの首の下に潜り込むと、身長の影響か首と頭がグルグルまわって変形します。
軽くトラウマレベルw

風邪でダウン、でもSkyrimはやめない。

風邪と咳のせいで全く寝ることができない日々。
咳が収まった時に数時間ほど寝る⇒起きる⇒寝る⇒起きるの繰り返し(´・ω・`)
起きてる時間は小説読んでるかSkyrimですw

プレイしてるのはこの前MODで追加した犬獣人。(流血表現注意)
Skyrim - 片手剣 キルムーブ 4 Skyrim - 片手剣 キルムーブ 5 Skyrim - 片手剣 キルムーブ 6
Skyrim - 片手剣 キルムーブ 1 Skyrim - 片手剣 キルムーブ 2 Skyrim - 片手剣 キルムーブ 3
弓と違って剣はキルムーブが豊富でいいかんじ。
特に首チョンパがお気に入り。
 
しかし・・Skyrimの世界はよく作り込んでありますねー
The Elder ScrollsシリーズをプレイするのはSkyrimが初めてですが、ゲーム内の書物とかで前作Oblivionの事とかタムリエルの他の地域の事とかが結構わかります。
はっきりしなくて生殺しの様な所もあるけれどそれがまた楽しい・・w
 
特にクエスト一覧で「その他」に分類される細々したサイドクエスト。
サイドクエストのお陰で、アクションゲームをしている筈なのに小説を読んでるような気分になる事がちらほら。

タマラナイ(ノ∀`*)