TaoTronics Selfie Stick TT-ST001を買ってみた

今まで使っていたダイソー製300円の自撮り棒は、伸縮部分は回転する、アーム部分は破損する等あまり良い物ではなかった。
アーム部分は買い換えるのが高く付くほど壊れるので、グルーガンで補強したりして使ってましたw
ダイソー自撮り棒
まあ汎用のカメラ三脚ネジで色々連結できるので、長い三脚として使ったりできるのは楽だったけれど、やっぱりダイソークオリティ。

なので、海外ではSelfie Stickで有名なTaoTronicsの自撮り棒「TaoTronics Selfie Stick TT-ST001」を買ってみました。
値段はこの記事を書いた時点で2,199円、まあそこそこの値段。

TT-ST001の特徴は、
 ・Bluetoothでシャッターを操作 (Android、iPhone対応)
 ・バッテリー30時間
 ・エアロスペースアルミニウム製
 ・最大荷重5Kg
 ・アーム角度270度、伸縮76cm
 ・重さ120g、折りたたみ時 全長18cm 幅5cm
って所です。
 
早速届いた商品を開封。
TaoTronics TT-ST001 - パッケージ TaoTronics TT-ST001 - パッケージ中身
外箱はツルっとした厚紙で内箱とピッチリサイズなので若干取り出しに手こずりましたw
内箱にはサラっとした半透明のビニールに包まれた本体が。
続きを読む

スクロールホイールの誤動作を直してみる

3年前に買ったDHARMA TACTICAL MOUSE - DRTCM15BK/C。
最近までは元気に動いてくれていたのにスクロールすると、少しだけスクロールした方向とは逆に動いたり無反応だったり調子が悪くなったみたい。

いつも中を開けてホコリの掃除をしているので山ほどのホコリが絡まってるって事はないし、スクロール判定には光学式を使っていないタイプなので「スクロール部分の接点が悪いかも?」と予想。

そうとわかれば早速分解。
勝手知ったるDRTCM15BK/Cと言うことでサクサク分解。
マウス分解 1 マウス分解 2
少し毛とかホコリがある程度で異物による誤動作ではなさそう。
ホイールの軸受けが擦れているのが気になったので後からグリスをさしておこう・・・・

次は、ホイールから接点部分を取り外し。
マウススクロール部分 分解 1
これもオムロン製だそうで。
流石ダーマだなあ

更に分解して接点をむき出しに。
マウススクロール部分 分解 2 マウススクロール部分 分解 3 マウススクロール部分 分解 4
まずは軽く汚れを拭き取ってスライド接点用の接点復活剤を吹きつけて、接点復活剤で汚れを落とす。
汚れを落としたら今度は綿棒やウェスに接点復活剤を吹きつけてやさしく接点を磨いておわり。
あとは分解した部分を元に戻して終了。

今回使ったのはサンハヤト接点復活剤 PJK-145
接点復活剤

最後にPCを起動して動作確認。
結果は見事に復活しましたヽ(´ー`)ノ

というか接点を直してホイールの軸受けにグリスを塗ったからなのか、かなり俊敏に動くように!
新品を使ったときのようw

Realforceキーボードの分解

いつも使っているキーボード「Realforce 106UB」に盛大にジュースをこぼしてしまいましたw
梅ジュースなので色々と大変な事になるので、即雑巾を用意してキーボードをひっくり返して水抜きをしたけれど一部のキーが全く反応しなくなってしまった。
 
反応しなくなったキーはBackSpace、Enter、右Shift、右Ctrl、右Alt、Delete、Num0、カーソル左、カーソル下。
色々カナリ重要なキーが逝っちゃいました(´・ω・`)
 
約3万のキーボードを買い直す余裕はないので、乾かないうちに分解してキーの間に入った水分を綺麗にしてみることにしました。
まずはキートップを全て外して、キーボードの裏にあるツメを押してキーボードの上カバーを外します。
Realforce 106UB分解:キートップ外し Realforce 106UB分解:カバーのツメ
 
裏のツメを2つ押して外すと表のカバーが外れて中身を取り出せるように。
Realforce 106UB分解:カバーを外したところ1 Realforce 106UB分解:カバーを外したところ2
 
次に右上にあるUSBケーブルが接続されているコネクターとアース線を取り外す。
Realforce 106UB分解:USBケーブルとアース線
 
ケーブルを外すと内部をごっそり取り出せるので、水分を拭きつつ裏返します。
Realforce 106UB分解:固定ネジ部分 Realforce 106UB分解:固定ネジ
基板に白い矢印が付いた黒いネジと銀色のネジの両方を取り外すと、基板とキー部分が分離します。
どちらのネジもキー部分を固定しているネジだけれど、頑丈なのは銀色のネジなので黒色のネジを外してから銀色のネジを外しました。
続きを読む

EIZO FORIS FS2333-Aが届いたー!

去年からモニターの寿命か何かで色がおかしくなったり電源が入らない時があったりしました。
「次に買うモニターはワイドにしよう!」と言うことで目を付けたのがEIZO FORIS FS2333-A

本当は去年の9月頃にFS2333を買う予定だったけれど、いろいろ出費があって買えなかったのですよ(´・ω・`)
そうこうしている間にFS2333は生産終了となりFS2333-Aが発売。
中身は同じで値段だけ上がったモデル?のようで、EIZOは同じような事をやっているようです。
値段はFS2333の時は29000円、FS2333-Aが出たときは41000円でした。

4万越えはちょっとキツイので値下がりを待って32000円で購入。
 
で、注文した物が今日届いたので早速設置してみる。
FORIS FS2333-A - 段ボール
以前モニターを買ったときはメーカー出荷時の箱の上に更に段ボールとプチプチで送られてきたけど、今回はメーカー出荷時の箱のままでした。
箱に傷や汚れは見当たらないけど大丈夫なのか・・・
 
横を見ると・・・それなりに大きく型番が。
FORIS FS2333-A - 型番 FORIS FS2333-A - めいどいんじゃぱん
そして安心の日本製表示!!
 
箱に傷、凹み、汚れなどがないか確認したら開封!
FORIS FS2333-A - 付属品
何でも開封する時ってワクテカしますよねーw

内容物は・・
 ・本体
 ・スタンド
 ・スタンド取付ネジ
 ・VESA取付ネジ
 ・リモコン+電池
 ・電電コード+アースプラグアダプター
 ・DVIケーブル
 ・ステレオミニジャックケーブル
 ・ケーブルホルダー
 ・ユーティリティディスク
 ・説明書(スタンド取付、セットアップガイド、使用注意)
でした。
続きを読む

キーボードのお掃除

7年は使っているキーボードRealforce 106UB。

最低1ヶ月に1回はメンテしていたのだけれど、忙しかったりでここ2年ほどメンテを怠っていました。
その結果・・・超汚い。
キーボード 掃除前
キートップはOAクリーナーでキレイキレイしていたけれど周りが大変な事に。((゜Д゜;))
そう、キートップだけ掃除するもんだからクリーナーの液が横に垂れたりしたのにホコリが付いたりしてこの有様。

今日は丁度暇していたのでキーボードをメンテすることに。
 
まずはキーを洗うべくキーを外していきます・・・
キーボード - キーを外した
ギャーギャー汚い。錆びてるー )゚0゚(
まあ・・錆びてるのはウィスキーこぼしちゃったりコーヒーこぼしちゃったりしたからでしょう(´・ω・`)
 
キーは洗剤を少し混ぜたぬるま湯に漬けた後1つ1つスポンジで洗い、裏側の水を落としてから乾燥。
キーボード - キー乾燥中
キーの文字はレーザー刻印だけあって長年使ってもなかなか消えない。
と言っても買った当時よりかなり薄くなっているし、つや消しのコーティングが禿げた所はかなりツルツルしていますw
 
キーボード本体はブラシ付きのハンドクリーナーで浮いているゴミを吸った後に、OAクリーナーの液を染みこませた麺棒で汚れを取りました。
キーボード - 軽く掃除後 さび止め
そして錆びてる部分に錆び止めを吹きつけて終了。
 
キーが乾燥したらキーボードにキーを乗せ乗せ・・・
キーボード - キー仮置き キーボード - メンテ後
このキーを置いていく作業が地味に面白い。
普段はあまり意識していないけれど、いざ置いていくとなると「アレ・・このキーどこだっけ?」とww
キーボードに手を置いて「あーここだ」を何回やっただろうか。
 
いやーキーが綺麗だと気持ちいい。

やっぱりメンテは大事。
・・・だけど時間がないから放置しちゃうんだよね。