Battlefield 1のコンソール対策

最近にBattlefield 1で遊んじゃってます。
友達宅ではBattlefield 2やBattlefield 4を遊んだことはあるけれど、自分で買って遊んだのはこのBattlefield 1が初めて。

で、Battlefieldシリーズは日本語キーボード環境だとコンソールの誤爆問題があるそうです。
Battlefield 1 - コンソール画面
(赤枠がコンソール)

誤爆問題ってなんだろうって事なんだけれど、
英語キーボードだとチルダ(˜)キーでコンソールの表示/非表示ができるのですが、日本語キーボードの場合は半角/全角キーが該当します。
コンソールが表示されるとDirectInputからIMEに入力が移行し、半角/全角を押してもコンソールを閉じることができなくなります。

対策としてはBattlefield起動時前に英語キーボードの設定にするのが一般的なようです。
が、私はATOKを使用しており、MSIMEをアンインストールしているので再インストールが面倒なのと、ATOKで英語キーボードにすると一部のソフトで正常に変換が行えなくなる症状がでるので論外です。

なら、なにで対策するのか?というと、ソフトウエアベースのキーリマップツールを使います。
今回使うのはAutoHotkey L
(ちなみに、多くのオンラインゲームに搭載されているnProtectやHackShieldなどのチート対策ソフトはAutoHotkeyをチートツールと認識するので、オンラインゲームをプレイするときは終了しておかないとゲームが起動しません。)

AutoHotkeyはキーへマクロや別の機能を割り当てを行う常駐型のソフトで、割り当てを行う設定はAHKスクリプトで書いて動作するツールなんです。
使うのはマクロではなく、キーのリマップ機能。

コンソール対策のスクリプト自体は簡単で、「半角/全角」キーが押されたら「1」キーが押された事にするだけ。
SHKスクリプトはこんな感じ。

vkF3sc029::1
vkF4sc029::1

上記コードをメモ帳から適当な名前の.ahkファイルとして保存する。

AutoHotkeyの起動方法はx64環境ならAutoHotkeyU64.exe、x32環境ならAutoHotkeyU32.exeへ保存したahkファイルをD&Dするだけ。
ショートカットやプロンプトから起動する場合は「AutoHotkeyU64.exe 保存したスクリプト.ahk」とすれば問題なし。
終了するときはタスクバーのアイコンから終了するだけ。

これで戦闘中に強制固定砲台になるコンソール誤爆対策ができました。
昔から言われてるんだから、開発側はさっさと対策すればいいのになあ

Creative プロダクト レジストレーションの削除

2008年に買った Sound Blaster X-Fi Titanium Professional Audioがお亡くなりになったので、ドライバーや制御ソフトをアンインストールしていたら「Creative プロダクト レジストレーション」ってソフトだけが残っちゃいました。
登録情報エントリを見ても登録されておらず、Program Filesのプログラムフォルダにはアンインストーラーも存在しない状態。

Creativeのサポートに連絡したところ1時間ほどの連絡の末「手動で対象フォルダを削除してくれ」と言うことでした。
どうもCreativeはプロダクト レジストレーションのアンインストールは想定していないようで、対応も不明点が多かったので自分で対象フォルダを調べてみる。
対象フォルダは「C:\Program Files (x86)\Creative」
「Creative」フォルダ
中を見てみるとSFBM、Shared Files、プロダクト レジストレーションのフォルダが。
Shared Filesの中にはCTRegSvr.exeを始めAudio.pid等のファイルがあり、PIDファイルの中身は全てPID pluginってDLLファイルでした。
regsvr32にかけてみたけれど登録はされていないよう。

プロダクト レジストレーションフォルダを開くとJapaneseフォルダ、CtCrypto.dll、CtORWebClient.ocxがありました。
「プロダクト レジストレーション」フォルダ
CtORWebClient.ocxはIEのActiveXプラグインなのでファイル削除だけでは完全にアンインストール不可能。
管理権限のあるコマンドプロンプトで「regsvr32 /u CtORWebClient.ocx」を実行。
regsvr32 /u CtORWebClient.ocx
これでCtORWebClient.ocxアンインストール完了
CtCrypto.dllは専用のDLLではないとの表記がでるのでそのままでOK。

Japaneseフォルダの中身は登録するためのプログラム本体がある場所のよう。
「プロダクト レジストレーション/Japanese」フォルダ
ショートカットは同フォルダのInetReg.exeへ引数/PreProcess=RegFlash.exeを付け加えた物でした。
iniを見ても特になにもなかったし他に登録されている物もないので、ここで何かをする事は必要なさそう。

あとは「C:\Program Files (x86)\Creative」、「C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Creative」を削除して終了。
Google Updateもそうだけど関連ソフトが全部アンインストールされたら一緒にアンインストールされるようにして欲しいところ。

Division オープンβ開始

Tom Clancy’s The Divisionが昨日の21時からオープンβが開始されましたー
少し前から遊びたいー!と思ってたゲームなのでこの日を指折り待っていましたw

Divisionは致死性のウイルスによって崩壊したニューヨークが舞台のMORPG型のTPSゲーム。
Division: オープニングロゴ
オープンワールドでギャングやテロリストと戦っていく感じみたいです。

起動するとオープンβの簡単な注意と説明が。
Division: β説明

4人で軽ーくプレイした感じは、ubi特有のサーバーのラグもなくスムーズに遊べる感じ。
Division: バグ
オープンβのバグなのかわからないけれど、影の品質を上げるとちらついて品質を下げると稀にプレイヤーの頭や足が伸びるw

戦闘はFPSと同じように移動や射撃でレティクルが開いたりするので、TPSにありがちな移動しながらフルバーストな戦闘はかなりやりにくい感じ。
武器のカスタム部位は若干少ないけれど、MODのレベル等によって能力や性能が違うので同じ武器でも人によってかなり性質の違う武器になったりしそうー
Division: P416

製品版が待ち遠しいなあー

スクロールホイールの誤動作を直してみる

3年前に買ったDHARMA TACTICAL MOUSE - DRTCM15BK/C。
最近までは元気に動いてくれていたのにスクロールすると、少しだけスクロールした方向とは逆に動いたり無反応だったり調子が悪くなったみたい。

いつも中を開けてホコリの掃除をしているので山ほどのホコリが絡まってるって事はないし、スクロール判定には光学式を使っていないタイプなので「スクロール部分の接点が悪いかも?」と予想。

そうとわかれば早速分解。
勝手知ったるDRTCM15BK/Cと言うことでサクサク分解。
マウス分解 1 マウス分解 2
少し毛とかホコリがある程度で異物による誤動作ではなさそう。
ホイールの軸受けが擦れているのが気になったので後からグリスをさしておこう・・・・

次は、ホイールから接点部分を取り外し。
マウススクロール部分 分解 1
これもオムロン製だそうで。
流石ダーマだなあ

更に分解して接点をむき出しに。
マウススクロール部分 分解 2 マウススクロール部分 分解 3 マウススクロール部分 分解 4
まずは軽く汚れを拭き取ってスライド接点用の接点復活剤を吹きつけて、接点復活剤で汚れを落とす。
汚れを落としたら今度は綿棒やウェスに接点復活剤を吹きつけてやさしく接点を磨いておわり。
あとは分解した部分を元に戻して終了。

今回使ったのはサンハヤト接点復活剤 PJK-145
接点復活剤

最後にPCを起動して動作確認。
結果は見事に復活しましたヽ(´ー`)ノ

というか接点を直してホイールの軸受けにグリスを塗ったからなのか、かなり俊敏に動くように!
新品を使ったときのようw

光電話開通、そして速度が劇的に低下

以前の記事で光電話を契約したことを書きました。
そして光電話が開通、予想通り大幅な回線速度低下になりました。

Radish Networkspeed Testingでの速度計測結果は・・・
左:大阪、右:東京
スピードテスト 2015/11/18

=== Radish Network Speed Testing Ver.3.2.2 - Test Report ===
使用回線:eo光ネット ホームタイプ(1ギガコース)
測定地:滋賀県
------------------------------------------------------------
測定条件
 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線
 速度:82.69Mbps (10.34MByte/sec) 測定品質:91.7
上り回線
 速度:110.5Mbps (13.82MByte/sec) 測定品質:97.4
測定者ホスト:*****************.shg*.eonet.ne.jp
測定サーバー:大阪-新町
測定時刻:2015/11/18(Wed) 19:54
------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
============================================================

=== Radish Network Speed Testing Ver.3.2.2 - Test Report ===
使用回線:eo光ネット ホームタイプ(1ギガコース)
測定地:滋賀県
------------------------------------------------------------
測定条件
 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線
 速度:65.32Mbps (8.165MByte/sec) 測定品質:90.1
上り回線
 速度:74.17Mbps (9.271MByte/sec) 測定品質:79.1
測定者ホスト:*****************.shg*.eonet.ne.jp
測定サーバー:東京-WebARENA

測定時刻:2015/11/18(Wed) 19:51
------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
============================================================

超遅い・・・・
これじゃあ100Mや200Mコースとかわらないなあ。
低速プランに落として、それなりのレンタルVPS借りた方がやすくつくかもしれない。