Selectable Paintings

MODタイプ エンティティ追加、絵画
前提MOD Minecraft v1.7.10 / Minecraft Server v1.7.10
Minecraft Forge v10.13.2.1291 以降
Kerberos's MOD Core v1.0.8 以降
ダウンロード
MOD本体 Version 0.0.0 (----/--/--)
x16~x256 額縁テクスチャテンプレート Version 1.0.0 (2013/11/04)

説明・特徴

v1.7.10へ対応予定ですが、まだ公開時期は未定です。
仕様も未定ですので、下記v1.6.4時の説明が変更されるかもしれません。

絵画(Paintings)で表示される絵の種類を大幅に増やすことができるようになります。
アルファチャンネルを含むテクスチャを使用することができるので、半透明の絵画等を作ることができるので家具やカーテン等のデコレーションにも!

普通の絵画にはない機能

  • 設置する絵画を選択できるGUI (簡単な紹介動画)
  • 設置した絵画の情報を表示するGUI
  • 好きなサイズの絵画を好きなだけ追加可能
  • 裏側のテクスチャを選択可能
  • 絵画の描画モード変更可能
  • 絵画のグルーピングが可能
  • 絵画のソートが可能
  • 絵画の特殊なモード(5種類)
  • EntityIDとItemIDを変更する事で、既存の絵画(Paintings)と共存可能

 

設定

・texture - analyzeType_Texture (0=ImageIO、1=Binary Read)
 テクスチャの解析方法を変更でき、環境によって大きく解析速度に差がでます。

 「ImageIO」はテクスチャデータをメモリ上に読み込み解析します。
 低速メモリを使用しているPCやメモリ量が少ないPCでは遅くなります。
 テクスチャ全体を読み込むのでPNGチャンクなどが多少壊れていても問題ありません。

 「Binary Read」はテクスチャデータの必要な部分のみを読み込み解析します。
 一部のみ読み込むのでメモリ消費量や速度が速いですが、PCスペックによっては遅くなります。
 テクスチャの一部のみを読み込むのでPNGチャンクが壊れていたいすると解析できません。

・texture - analyzeType_TextureName (0=正規表現、1=テキスト検索)
 テクスチャのファイル名から解像度、グループ名、名前を解析する方法を変更します。
 一般に「正規表現」の方が遅いですが、命名規則が間違っていても解析できる場合があります。
 「テキスト検索」は速いけれど、命名規則通りでないと解析できません。

・texture - overrideItemIcon (true=変更する、false=変更しない)
 絵画のアイテム画像を変更するかしないかを設定するオプションです。
 アイコンは下記テクスチャを変更すれば好きな物を使用できます。
  /assets/kerberos/textures/items/SelectablePaintings.png

・id - painting_EntityID
 絵画のEntityIDを変更するためのオプションです。
 Twilight Forest等、絵画を含む建築物が生成されるMOD等ではクラッシュしてしまう場合があるようで、既存の絵画へ上書きできません。
 その為の対策で、クラッシュ等の競合が発生していない場合は変更する必要はありません。
 (マルチプレイ環境ではサーバーとクライアントの設定を揃えること。)

・id - painting_ItemID
 絵画のItemIDを変更するためのオプションで、上記entityIDと合わせて変更します。
 変更した場合、アイテムの絵画が「既存の絵画」と「Selectable Paintingsの絵画」の2種類になります。
 「既存の絵画」を1つだけでクラフティングすると「Selectable Paintingsの絵画」を作成できます。
 (マルチプレイ環境ではサーバーとクライアントの設定を揃えること。)

・id - crystalKey_ItemID
 お遊び機能を使用するためのアイテムで、0を指定すると無効になります。
 詳しくは「使用方法」から
 (マルチプレイ環境ではサーバーとクライアントの設定を揃えること。)

・misc - allowExplosion (true=許可、false=許可しない)
 お遊び機能の設定で、絵画の爆発を許可するかの設定。
 マルチプレイの場合はサーバー側の設定が優先されます。

 詳しくは「使用方法」から

・misc - allowCurse (true=許可、false=許可しない)
 お遊び機能の設定で、絵画に触るとダメージを受ける「絵画の呪い」機能を有効にするかの設定。
 マルチプレイの場合はサーバー側の設定が優先されます。

 詳しくは「使用方法」から

・misc - allowGhost (true=許可、false=許可しない)
 お遊び機能の設定で、絵画の移動を許可するかの設定。
 マルチプレイの場合はサーバー側の設定が優先されます。

 詳しくは「使用方法」から
 

使用方法

絵画を設置する
 1.絵画を設置したい場所で使用する。
 2.GUIが表示されたら目的の絵画をクリックして設置。
  マウスのホイールで絵画をスクロールする事ができます。
  (キーボードのW、S、↑、↓でも操作可能)

 ※ 何もせずにウィンドウを閉じる場合はインベントリと同じくEscキーでGUIを閉じてください。

特殊機能を使用する
 アイコン説明
 [Selectble Paintings Icon]
 左から: アンブレイカブル、額縁、当たり判定、ジャストフィット、ミラー、グループ、ソート、裏面選択、描画モード

アンブレイカブル
 このモードをONにして設置した絵画は、攻撃・爆発・窒息?・設置したブロックの消滅等、絵画がアイテム化する条件を無視し存在し続けます。
 取り外しは、棒(Stick)を持った状態で設置済の絵画を右クリック。

額縁
 絵画の額縁(絵画の上下左右に表示される額縁)の表示/非表示を切替ることができます。
 非表示の状態では絵画が壁にピッタリと設置され、裏面の木目も表示されません。

 「ミラー」が有効な場合は裏面も表示されます。

当たり判定
 絵画の当たり判定の有り/無しを切替ることができます。

ジャストフィット
 フェンス(Fence)や板ガラス(Glass Pane)等の1ブロックサイズではないブロックに絵画を設置した場合、ブロックと絵画の間に隙間ができてしまいます。
 このモードをONにして設置した絵画は、ブロックと絵画の隙間を補正して1ブロックサイズのブロックと同じようにフィットします。

 MODで追加されたブロックにも対応。 (特殊なモデルを使用しているブロックは使用できない場合があります)

ミラー
 絵画の裏面の木目を表示しないようにし、表面を反転させた絵画が表示されます。
 「額縁」を非表示にしてもこのモードが有効な場合は表示されます。

裏面選択
 絵画の裏側と上下右左側の額縁テクスチャを選択して変更できます。
 MODのZIP内構成を変更されていない場合はひとつだけテクスチャが付属しています。

描画モード
 これはペイントソフト等にある「描画モード」とほぼ同じ機能で、絵画の描画時のモードを変更します。
 現在は「αCHを無視」、「αCHを有効(従来のモード)」、「加算」、「乗算」、「スクリーン」、「反転」が使用可能です。

Brightness(明るさ)
 GUIの右下にあるスライダーを移動させることにより絵画のブライトネスを設定できます。

 値の詳細
  ・Auto(自動)
   従来通りの設定で、1ブロックサイズ毎にリアルタイムで明るさが変動します。

  ・1~15
   絵画全体をその値と同じ明るさに固定します。

  ・Max(最大)
   絵画全体の明るさを設置範囲の中で一番明るい所の明るさに固定します。
   絵画サイズが非常に大きい場合パフォーマンスが低下する可能性があるので、明るさの更新間隔は1秒となっています。

  ・Min(最小)
   絵画全体の明るさを設置範囲の中で一番暗い所の明るさに固定します。
   絵画サイズが非常に大きい場合パフォーマンスが低下する可能性があるので、明るさの更新間隔は1秒となっています。

  ・Ave(平均)
   絵画全体の明るさを設置範囲の平均の明るさに固定します。
   絵画サイズが非常に大きい場合パフォーマンスが低下する可能性があるので、明るさの更新間隔は1秒となっています。

 光源を発生させるわけではありませんのでご注意ください。

グループ
 GUIに表示する絵画のグループを選択する画面を表示します。

ソート
 GUIに表示する絵画のソート(並び替え)方法を選択する画面を表示します。

絵画の情報を表示
 設置済の絵画を羽(Feather)で右クリックすると絵画の情報が表示されます。
 テクスチャ(Texture)の項目が赤色になっている場合、テクスチャが存在しない絵画です。

(お遊び機能)
 設定のid - crystalKey_ItemIDでアイテムIDを設定すると有効になります。
 この機能は、Crystal Keyを持っているプレイヤーのみ絵画を通り抜けたり破壊したりできるようになります。
 動画はこちら

 Crystal Keyレシピ
  Nether Quartz + Redstone
  (置き方は自由)

 使用方法
  1.Crystal Keyを作成する
  2.作成したCrystal Keyを持って右クリックしIDを生成する
  3.「当たり判定」がONになっている設置済の絵画にCrystal Keyで右クリックしIDを登録する
  4.「3」で登録したCrystal Keyを持った状態の場合のみ絵画を通り抜けることができる。
    Crystal Keyはインベントリ内にあれば問題ありませんが、複数ある場合はインベントリ内の左上にある物が使用されます。

絵画の呪い (お遊び機能)
 設定のmisc - allowCurseが有効になっている状態で、
 絵画に「Rotten Flesh」や「Poisonous Potato」等を与えると・・絵画に触れた時にダメージを受けるようになります。
 アイテムを与えれば与えるほど絵画に触ったときに受けるダメージが増えます。
 動画はこちら

 与えすぎると雷が落ちてくるようになり、最終的に絵画が爆発します。
 爆発の威力は0~6(TNTの威力が4)までランダムで、100分の1の確率で威力20の大爆発が発生します。
 設定のmisc - allowExplosionで爆発が許可されていない場合は雷が落ちてきます。

 金のリンゴを持って絵画を右クリックすると解除します。

ゴースト (お遊び機能)
 「絵画の呪い」と設定のmisc - allowGhostが有効になっている状態で、絵画の近く(5ブロック前後)でプレイヤーが死ぬと一定確率で有効になります。
 有効になると絵画からエフェクトが出るようになり、夜になると一定の確率で上下左右に移動します。
 移動先が絵画が存在できなくなる条件の場合は移動しません。
 動画はこちら

 金のリンゴを持って絵画を右クリックすると動かなくなります。

キャッシュを強制的に更新する
 キャッシュが更新されるタイミングは「Minecraft起動時」と「リソースパック変更時」の2つです。
 キャッシュはリソースパックが変更されると自動で更新されますが、リソースパックのファイルサイズが1バイトも変化していない場合は更新されません。

 「リソースパックのサイズが1バイトも変化していないけど内容を変えた」場合や何らかのトラブルで自動更新されない場合はキャッシュを削除してください。
 キャッシュファイル保存ディレクトリ: .minecraft/config/SelectablePaintings/

言語を追加する
 MODのZIPファイルの /Kerberos/SelectablePaintings/lang/ 内にある 「?_?.lang」を追加・編集する事により英語、日本語以外の言語にも対応することができます。
 MOD等で追加された独自翻訳の言語を使っている場合、このファイル名を変更する事で対応できる場合もあります。
 言語に関しては不具合以外の対応は行いません。

 ファイルの命名規準はWindowsやJava等(Minecraft)のロケールIDと同じで、
  言語コード_国コード.lang
 となっています。

 例: 日本の場合は ja_JP.lang となり、英語(米国)の場合は en_US.lang となります。
 

絵画の追加方法

テクスチャのディレクトリについて
 パス: /assets/kerberos/textures/paintings
 使用しているsリソースパックかMODZIP内に入れて下さい。

 リソースパックを使用していない方でMODZIPに入れるのが嫌な場合は、絵画のみが入ったリソースパックを作成しそのリソースパックを使用してください。
 リソースパックに入っていないテクスチャ(ブロック等)は標準の物が使われるので問題ありません。

テクスチャ作成方法
 1.画像編集ソフト等で好きな大きさの画像を作成する。
   テクスチャ解像度がx16の場合の1ブロックサイズは16 Pixelsです。
   例1: x32の場合は32px、x64:64px、x128:128px.....
   例2: ブロックサイズ3x2のテクスチャを作るには下記画像サイズで作成します。
      x16サイズでなら48px x 32px、x32:96px x 64px、x64:192px x 128px......

 2.「手順1」で用意した画像の編集を開始する。
   額縁を用意したり、絵を描いたり、好きな画像を入れたり・・・

   アルファチャンネルの“作成例”はこちら

 3.テクスチャをPNG形式で保存する。
   「手順2」で作成したテクスチャを保存します。
   透過させたい場合はPNG-32(Photoshopの場合はPNG-24)形式で保存してください。

   また保存時のファイル名は以下のようにしてください。
   命名規則[テクスチャサイズ][グループ名(省略可)]絵画名.png (日本語は不可)

   例: テクスチャ解像度「x32」、グループ名「My Group」、絵画名「Mr.Minecraft」の場合、
      [32][My Group]Mr.Minecraft.png
     となります、グループを使用しない場合は
      [32]Mr.Minecraft.png
     としてください。

   システム側で使用済みのグループ名は以下の通り
    ・all (使用不可)
    ・default (使用不可)
    ・#back (裏面のテクスチャ)
    ・#error (エラーテクスチャ)

 4.「手順3」で保存したテクスチャをテクスチャディレクトリへ入れる。

裏面テクスチャ作成方法
 1.「テクスチャ作成方法」を参考に「1x1」テクスチャを作成。
 2.グループ名を「#back」にしてテクスチャディレクトリへ入れる。
 

レシピ

Craftguide等、ゲーム内でレシピを確認できるMODで確認してください。
 

更新履歴

Universal Torch

UniversalTorch

MODタイプ ブロック変更、コアMOD、クラス書き換え
前提MOD ・Minecraft v1.7.10 / Minecraft Server v1.7.10
Minecraft Forge v10.13.2.1291 以降
Kerberos's MOD Core v1.0.8 以降
ダウンロード
MOD本体 Version 1.0.0 (2016/02/14)

説明・特徴

トーチをブロックが存在すれば何にでも設置可能にします。
トーチの上にトーチを置いたり、ガラスの上に置いたり・・・・
 

レシピ

Craftguide等、ゲーム内でレシピを確認できるMODで確認してください。
 

更新履歴

[2016/02/14]
 初公開

AppleMilkTea2 アドオン: Trees

AMT2AddonTrees-Header

MODタイプ AMT2アドオン、ブロック追加
前提MOD ・Minecraft v1.7.10 / Minecraft Server v1.7.10
Minecraft Forge v10.13.2.1291 以降
AppleMilkTea2 2.8 以降
Kerberos's MOD Core v1.0.8 以降
ダウンロード
MOD本体 Version 1.0.1 ()
ソースコード Version 1.0.1 ()

説明・特徴

AppleMilkTea2で追加される柚子の木などと同様に右クリックや高枝切りバサミで収穫可能な「りんごの木」と「アーモンドの木」を追加します。

このMODのみMMPL_1.0ライセンスになります。
再配布についてもdefeatedcrow氏のライセンスに準じます。

 

レシピ

Craftguide等、ゲーム内でレシピを確認できるMODで確認してください。
 

更新履歴

Resource Dimensions

MODタイプ ディメンション追加、テレポート
前提MOD ・Minecraft v1.7.10 / Minecraft Server v1.7.10
Minecraft Forge v10.13.2.1291 以降
Kerberos's MOD Core v1.0.8 以降
ダウンロード
MOD本体 Version 1.0.0 (2015/09/28)

説明・特徴

資源用ワールドを2つ追加し、自由にテレポートできるアイテムで出入りできます。
テレポートアイテムは使用した座標と向きを記録しているので、全回使用した場所と同じ所へテレポートする事が可能です。
また、資源用ワールドはSEEDや地形などを選ぶことができるので「メインは普通、資源用ワールド1はアンプリファイド」等のように資源ワールド以外の用途としても使えます。
(現在ディメンションのSEED値が反映されない問題が確認されています。修正の目途は立っていません、申し訳ないです。)


このテスト動画はマルチプレイサーバーで使用している所です。
スペック次第ですが非常に軽いので初回MAP生成時以外はストレスは掛からないと思います。

シングルプレイの場合もスペック次第ですが、マルチプレイサーバーより速い場合が殆どです。
 

設定

設定ファイルは ResourceDimensions.cfg です。

・dimension1/2 - enable (有効=true 無効=false)
 ディメンションを有効にするか。

・dimension1/2 - announce (有効=true 無効=false)
 ディメンションに入ったときのアナウンス(個人)を有効にするか。
 アナウンス内用はen_US.lang又はja_JP.langに書かれています。

・dimension1/2 - id
 ディメンションのIDを設定します。
 他のディメンションIDと被らないように設定してください。

・dimension1/2 - provider
 ディメンションのプロバイダーIDを設定します。
 ディメンションのIDと同じにするか、他のプロバイダーIDと被らないように設定してください。

・dimension1/2 - terrain (0=デフォルト, 1=フラット, 2=ラージバイオーム, 3=アンプリファイド, 4=ネザー, 5=エンド)
 ディメンションの地形タイプを設定します。
 エンドはおまけで実装しただけの物なので、運が悪い(9割方)と奈落へ直行です。

・dimension1/2 - seed
 ワールド生成用シードの設定です。
 空の場合、オーバーワールドと同じシードを使用します。

・dimension1/2 - option
 ワールド生成用オプションを設定します。
 今の所、フラットでのみ使用可能です。
 

使用方法

テレポーターを作成し右クリックする事で資源ワールドへテレポートできます。
資源ワールドでテレポーターを使用すると、資源ワールドへ入った時に居たワールドの座標へ戻ります。

座標情報はアイテムに記録されているので、座標登録済みのテレポーターの受け渡しも可能です。

資源ワールドで死亡しテレポーターをロストした場合は・・・気合いで作り直してください。
 

レシピ

Craftguide等、ゲーム内でレシピを確認できるMODで確認してください。
 

更新履歴

[2015/09/28 v1.0.0]
 ・個人で使っていたのを一般公開

Minecraft 1.8.x Blocks

Minecraft18xBlocks-Header

MODタイプ ブロック追加、光源、ドア、鉱石生成
前提MOD ・Minecraft v1.7.10 / Minecraft Server v1.7.10
Minecraft Forge v10.13.2.1291 以降
Kerberos's MOD Core v1.0.8 以降
ダウンロード
MOD本体 Version 1.0.6 (2017/01/21)

説明・特徴

Minecraft 1.8.xで追加されるブロックの一部をMinecraft v1.7.10に追加します。
※ 花崗岩、閃緑岩、安山岩はチャンク生成時に生成されます。
  現在、海底神殿は生成されないので、海結晶と海晶の欠片は救済としてグローストーンで作成可能です。

現在使用できるブロック/アイテム

  • Coarse Dirt (粗い土)
  • Granite (花崗岩)
  • Polished Granite (磨かれた花崗岩)
  • Diorite (閃緑岩)
  • Polished Diorite (磨かれた閃緑岩)
  • Andesite (安山岩)
  • Polished Andesite (磨かれた安山岩)
  • Sponge (スポンジ)
  • Wet Sponge (濡れたスポンジ)
  • Slime Block (スライムブロック)
    ⇒1.8.xと若干挙動が違います
  • Iron Trapdoor (鉄のトラップドア)
  • Prismarine (海晶ブロック)
  • Prismarine Bricks (海晶レンガ)
  • Dark Prismarine (暗海晶ブロック)
  • Sea Lantern (シーランタン)
  • Red Sandstone (赤砂岩)
  • Chiseled Red Sandstone (模様入りの赤砂岩)
  • Smooth Red Sandstone (滑らかな赤砂岩)
  • Red Sandstone Stairs (赤砂岩階段)
  • Red Sandstone Slab (赤砂岩ハーフブロック)
    ⇒2つ設置しても重なりません
  • Spruce Door (マツのドア)
  • Birch Door (シラカバのドア)
  • Jungle Door (ジャングルのドア)
  • Acacia Door (アカシアのドア)
  • Dark Oak Door (ダークオークのドア)
     
  • Prismarine Crystals (海結晶)
  • Prismarine Shard (海晶の欠片)

 

設定

設定ファイルはconfigフォルダ内のMinecraft18Blocks.cfgです。
・core - debug (true=有効、false=無効)
 ログファイルにGranite、Diorite、Andesiteの生成座標が出力されるようになります。

・world generator - enable (true=生成、false=生成しない)
 Granite、Diorite、Andesiteを生成するかどうか

・world generator - granite/diorite/andesite size (半角数字)
 生成される鉱石の大きさ

・world generator - granite/diorite/andesite count (半角数字)
 鉱石が1チャンクにどれだけ生成されるか

・world generator - granite/diorite/andesite minHeight (1-255 半角数字)
 鉱石生成の最低高度

・world generator - granite/diorite/andesite maxHeight (1-255 半角数字)
 鉱石生成の最高高度

・block - slime jump height (半角数字)
 Slime Blockに乗ったときに飛ぶ距離

・block - sponge wet effect (true=表示、false=非表示)
 濡れたSpongeの水滴エフェクトを表示するか

テクスチャの変更
テクスチャをリソースパック等で変更する場合は以下のディレクトリへ入れてください。
テクスチャ名はMinecaft v1.8.xと同じです。
 ブロック: assets/minecraft18blocks/textures/blocks/
 アイテム: assets/minecraft18blocks/textures/items/

Kerberos' MOD Coreの設定Use x32 Texture Sizeがtrue(初期設定)の場合、x32ディレクトリのテクスチャが使用されます。
 例:ブロックの場合、assets/minecraft18blocks/textures/blocks/x32/
 

レシピ

バニラと同じレシピで作成可能です。
Prismarine Crystals(海結晶)、Prismarine Shard(海晶の欠片)については、ゲーム内でレシピを確認できるMODで確認してください。
 

更新履歴

[2016/01/21 v1.0.6]
 ・サーバー環境でスポンジブロックを設置するとサーバーがクラッシュする問題を修正

[2016/09/16 v1.0.5]
 ・新しい環境で花崗岩、閃緑岩、安山岩が正常に生成されない問題を修正
 ・設定にデバッグモードを追加

[2016/04/15 v1.0.4]
 ・鉄のトラップドアのコストが高かった(鉄ブロックx4)問題を修正

[2016/01/05 v1.0.3]
 ・花崗岩、閃緑岩、安山岩の生成用パラメータを設定ファイルから変更できるように修正

[2015/11/14 v1.0.2]
 ・コードの最適化
 ・コンパイル環境をJava8からJava7に変更

[2015/10/30 v1.0.1]
 ・Prismarine系ブロックを破壊すると全てPrismarineがドロップされる問題を修正

[2015/10/08 v1.0.0]
 ・初公開