2014/12/10からDビデオでP020-6001エラーが発生する場合...

2014/12/10にWindowsUpdateで配信された「Microsoft Silverlight の更新 (KB3011970)」でSilverlightのバージョンが5.1.31010になりました。
しかしこのバージョンはDRM関係のバグでDRMで保護された動画が再生できなくなるよう。

If you experience errors when trying to view DRM protected videos on sites like Netflix, Amazon Prime, or Sky, please check to see if you have Silverlight version 5.1.31010 installed and if so, uninstall and reinstall Silverlight.

詳細はこちら:Microsoft MSDN Blogs

ここの方法では、インストールされているSilverlightをアンインストールし旧バージョンをインストールしてくれとのこと。
配布ページは既に旧バージョンのインストーラーが公開されています。
http://www.microsoft.com/ja-jp/silverlight/download.aspx
 
この影響でDビデオでは「P020-6001」のエラーが発生。
Dビデオの公式サイトにもMSDN Blogsと同じように、旧バージョンへのダウングレードの案内が公開されました。
 
早速、Silverlightをダウングレードし動画を観ようとしましたが・・
以前と同じP030-6003のエラーが発生。
Dビデオ P030-6003
このエラーはPlayReadyディレクトリの権限を変更する事で回避できるようになったのですが、今回は違う。

既にPlayReadyの権限は変更してあるので以前のP030-6003エラーとは違うよう。
しかし、念のためにブラウザを管理権限で実行して再生してみると正常に再生することができた。
更に念のため、もう一度ブラウザを通常起動してみるとやはりP030-6003エラーで再生不能。

やっぱり管理権限絡みのよう。
 
PlayReadyディレクトリ以外となると他のディレクトリ又はファイルなので、取りあえずplugin-container.exeのハンドル一覧を見る。
Silverlight 権限
上の選択されている項目「C:\Program Files\Microsoft Silverlight\5.1.30514.0\...」が怪しい。
Program Files配下なので権限はTrustedInstaller。

これを前の記事PlayReadyディレクトリの権限を変更と同じように、ログオンしているユーザーへフルコントロールの権限を与えてブラウザを通常起動してみた。
 
すると、P030-6003エラーが発生しなくなって正常に再生できるようになりました。
Dビデオ 寄生獣
しかし・・なんでProgram FilesのSilverlightディレクトリまで管理権限が必要になったんだろう。
うーんわからないけど、まいっかヽ(゚∀゚)ノ

dビデオを見ることが出来ない時の対処

前回の記事で、エラーコード:P030-6003が発生してdビデオの動画を再生できない事を書き、
ドコモのサポートとdビデオのサポートが全く役に立たない事も書きました。
 
なので、自分で調べるしかない!と言うことで調べてみました。

サーバーへの通信は成功しているのに「通信エラーを表すP030-6003」が発生するのはおかしいので、ブラウザから実行されるSilverlightのプロセスを監視してみました。
するとサーバーとのライセンス確認の際に「C:\ProgramData\Microsoft\PlayReady」(以降DRMディレクトリ)にあるライセンス情報「mspr.hds」にアクセスします。
この時ファイルが無い場合は新規生成されます。

しかし、DRMディレクトリのアクセス許可ユーザー/グループにブラウザを実行しているユーザー(今ログインしているユーザー)が無い為、アクセス違反が発生しライセンスの読み書きができていないようです。

これはDRMディレクトリだけではなくC:\ProgramData\ディレクトリ全体が管理権限が必要なディレクトリだから。
これはWindowsの仕様。UACがOFFの環境は知らない。
 
じゃあブラウザを「管理者として実行(A)」で起動してみたらどうだろう?
と試してみたところ、正常に再生することができました。
 
予想通りアクセス違反でライセンスの読み書きが出来ていなかったので、「DRMディレクトリに今ログインしているユーザーを追加すれば問題ないんじゃね」って結論になりまして・・・
実際追加してみました。
 
ユーザーの追加方法
.「C:\ProgramData\Microsoft\PlayReady」を開く
.フォルダで「右クリック->プロパティ」 又は 「整理->プロパティ」
.「セキュリティタブ->グループ名またはユーザー名」 枠の 「編集(E)」 ボタンをクリック
.「PlayReady のアクセス許可ウィンドウ」が出たら 「追加(D)」 ボタンをクリック
.「ユーザー または グループ の選択」ウィンドウが出たら「選択するオブジェクト名を入力してください (例)(E):」の下にあるスペースに自分のユーザー名を入力。
  Silverlight ライセンス情報保管ディレクトリ: ユーザー追加
.ユーザー名を入力したら「名前の確認(C)」ボタンを押します、すると「PC名¥ユーザー名」となるので「OK」を押します。
.「PlayReady のアクセス許可ウィンドウ」に(6)で追加したユーザーが新しく加わっているので、そのユーザーを選択して下の許可列にあるチェックボックス「フルコントロール」にチェックを入れて「適用(A)->OK」を押します。
  Silverlight ライセンス情報保管ディレクトリ
.最後に「PlayReadyのプロパティ」のセキュリティタブに追加したユーザーがあるか確認し「OK」を押して閉じます。
 
これでブラウザを管理者として実行しなくても動画を観ることができるようになります。
と言うことで、P030-6003が発生して観ることができない方は試してみてください。
 
 
これを前回の記事の大阪支社の担当に連絡したところ、すごく喜ばれました・・・w
なんでもどこの受付でも技術的なことは全然わからないそうです。
だから・・関係ないアプリとかも全部有効にしろって指示が出たのねw
 
向こうの検証が終わったらQAに載せるように言ったので、そのうちQAにのるかも。

ドコモのサービス dビデオ 詐欺に注意

6月24日 追記:この問題の解決方法はこちら

今月の12日に携帯の機種変更をして、その際のオプションで携帯端末とPCで映画などが見放題のサービス「dビデオ powered by BeeTV」を契約しました。
契約の際にPC環境の質問をしたところ「Windows 7、Internet Explorer、Firefox、Google Chromeであれば問題無く観ることができる。」と回答を貰っていたので安心していましたが・・・
 
帰宅してPCにdocomoIDを設定し観ようとすると・・
dビデオ ライセンスエラー: P030-6003
再生に必要なライセンスを獲得できませんでした。(エラーコード:P030-6003)
 エラーの詳細については、下記ボタンより原因および対処方法をご確認ください。

とのダイアログが。
 
「よくある質問へ」のボタンから対処方法が書かれているページに行き、提示されている事を全て行っても現状変わらず。
dビデオのサポートは電話無しの問い合わせフォームからの連絡のみだったのでそちらで観れない旨を連絡。

しかし1週間以上経過しても連絡なし。
 
無料期間を過ぎてしまって料金が発生しても観ることが出来ず、ドコモの総合受付(151番)へ問合せをしたところ、
「dビデオは確かに契約済みです」
「dビデオの問い合わせ内容はこちらの窓口からは確認することができない」
「再生環境をお確かめください」

との回答。

「ドコモショップへの持ち込みならサポート可能ですか?」
と聞いたところ、
「dビデオのサポートは別なのでショップへの持ち込みでもこちらの電話と同じ対応しかできない」
と回答が帰ってきました。
 
うーん、サポートする気が全然ないなあ・・・
セキュリティなどが原因かもしれないので、メインPC、サブPC、仮想PCでテストを行ってみることに。
続きを読む