Twitterにアップされている動画のTSファイル一覧を表示&保存する

Twitterにアップされている動画で保存したい物があったので、HTTPリクエストログからURLをゲットしようとおもったら・・・
なんとm3u8の再生リスト形式になっていて動画自体も.tsに分割されていました。

#EXTM3U
#EXT-X-STREAM-INF:PROGRAM-ID=1,BANDWIDTH=320000,RESOLUTION=240x180,CODECS="mp4a.40.2,avc1.42001f"
/ext_tw_video/.../pu/pl/240x180/???.m3u8
#EXT-X-STREAM-INF:PROGRAM-ID=1,BANDWIDTH=832000,RESOLUTION=480x360,CODECS="mp4a.40.2,avc1.42001f"
/ext_tw_video/.../pu/pl/480x360/???.m3u8
#EXTM3U
#EXT-X-VERSION:6
#EXT-X-MEDIA-SEQUENCE:0
#EXT-X-TARGETDURATION:3
#EXTINF:3.000,
/ext_tw_video/.../pu/vid/0/3000/480x360/???.ts
#EXTINF:3.000,
/ext_tw_video/.../pu/vid/3000/6000/480x360/???.ts
#EXTINF:3.000,
/ext_tw_video/.../pu/vid/6000/9000/480x360/???.ts
#EXTINF:3.000,
/ext_tw_video/.../pu/vid/9000/12000/480x360/???.ts
#EXTINF:3.000,
/ext_tw_video/.../pu/vid/12000/15000/480x360/???.ts
....

再生リストから欲しいサイズの動画を選んで分割ファイルをダウンロードすれば良いんだろうけど面倒くさいw
それに、分割は3秒毎なので2分を超える動画は70ファイル超え!

そんなの1つずつURLをコピペなんてやってられない・・って事で、動画サイズ毎のURLとファイルを一覧表示するGreasemonkeyスクリプトを作ってみました。
動作してる動画はこちら。

1ファイル毎に手動保存なのはローカルに自動でファイルを保存するAPIが呼び出せないから。
userChrome.jsとして動かせばできるんだけど、セキュリティ的にあまり宜しくない。

まあ随分と楽になるんじゃないかなーと。
保存時にはINDEXに表示されている番号と同じファイル名にしないと、TSファイルの連結時に時系列がごちゃごちゃになりますw

おまけ?として法人など業界用の動画VMAP形式の動画も落とせるようにしました。
分割されていないので楽ちんですw
続きを読む

Creative プロダクト レジストレーションの削除

2008年に買った Sound Blaster X-Fi Titanium Professional Audioがお亡くなりになったので、ドライバーや制御ソフトをアンインストールしていたら「Creative プロダクト レジストレーション」ってソフトだけが残っちゃいました。
登録情報エントリを見ても登録されておらず、Program Filesのプログラムフォルダにはアンインストーラーも存在しない状態。

Creativeのサポートに連絡したところ1時間ほどの連絡の末「手動で対象フォルダを削除してくれ」と言うことでした。
どうもCreativeはプロダクト レジストレーションのアンインストールは想定していないようで、対応も不明点が多かったので自分で対象フォルダを調べてみる。
対象フォルダは「C:\Program Files (x86)\Creative」
「Creative」フォルダ
中を見てみるとSFBM、Shared Files、プロダクト レジストレーションのフォルダが。
Shared Filesの中にはCTRegSvr.exeを始めAudio.pid等のファイルがあり、PIDファイルの中身は全てPID pluginってDLLファイルでした。
regsvr32にかけてみたけれど登録はされていないよう。

プロダクト レジストレーションフォルダを開くとJapaneseフォルダ、CtCrypto.dll、CtORWebClient.ocxがありました。
「プロダクト レジストレーション」フォルダ
CtORWebClient.ocxはIEのActiveXプラグインなのでファイル削除だけでは完全にアンインストール不可能。
管理権限のあるコマンドプロンプトで「regsvr32 /u CtORWebClient.ocx」を実行。
regsvr32 /u CtORWebClient.ocx
これでCtORWebClient.ocxアンインストール完了
CtCrypto.dllは専用のDLLではないとの表記がでるのでそのままでOK。

Japaneseフォルダの中身は登録するためのプログラム本体がある場所のよう。
「プロダクト レジストレーション/Japanese」フォルダ
ショートカットは同フォルダのInetReg.exeへ引数/PreProcess=RegFlash.exeを付け加えた物でした。
iniを見ても特になにもなかったし他に登録されている物もないので、ここで何かをする事は必要なさそう。

あとは「C:\Program Files (x86)\Creative」、「C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Creative」を削除して終了。
Google Updateもそうだけど関連ソフトが全部アンインストールされたら一緒にアンインストールされるようにして欲しいところ。

スクロールホイールの誤動作を直してみる

3年前に買ったDHARMA TACTICAL MOUSE - DRTCM15BK/C。
最近までは元気に動いてくれていたのにスクロールすると、少しだけスクロールした方向とは逆に動いたり無反応だったり調子が悪くなったみたい。

いつも中を開けてホコリの掃除をしているので山ほどのホコリが絡まってるって事はないし、スクロール判定には光学式を使っていないタイプなので「スクロール部分の接点が悪いかも?」と予想。

そうとわかれば早速分解。
勝手知ったるDRTCM15BK/Cと言うことでサクサク分解。
マウス分解 1 マウス分解 2
少し毛とかホコリがある程度で異物による誤動作ではなさそう。
ホイールの軸受けが擦れているのが気になったので後からグリスをさしておこう・・・・

次は、ホイールから接点部分を取り外し。
マウススクロール部分 分解 1
これもオムロン製だそうで。
流石ダーマだなあ

更に分解して接点をむき出しに。
マウススクロール部分 分解 2 マウススクロール部分 分解 3 マウススクロール部分 分解 4
まずは軽く汚れを拭き取ってスライド接点用の接点復活剤を吹きつけて、接点復活剤で汚れを落とす。
汚れを落としたら今度は綿棒やウェスに接点復活剤を吹きつけてやさしく接点を磨いておわり。
あとは分解した部分を元に戻して終了。

今回使ったのはサンハヤト接点復活剤 PJK-145
接点復活剤

最後にPCを起動して動作確認。
結果は見事に復活しましたヽ(´ー`)ノ

というか接点を直してホイールの軸受けにグリスを塗ったからなのか、かなり俊敏に動くように!
新品を使ったときのようw

光電話開通、そして速度が劇的に低下

以前の記事で光電話を契約したことを書きました。
そして光電話が開通、予想通り大幅な回線速度低下になりました。

Radish Networkspeed Testingでの速度計測結果は・・・
左:大阪、右:東京
スピードテスト 2015/11/18

=== Radish Network Speed Testing Ver.3.2.2 - Test Report ===
使用回線:eo光ネット ホームタイプ(1ギガコース)
測定地:滋賀県
------------------------------------------------------------
測定条件
 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線
 速度:82.69Mbps (10.34MByte/sec) 測定品質:91.7
上り回線
 速度:110.5Mbps (13.82MByte/sec) 測定品質:97.4
測定者ホスト:*****************.shg*.eonet.ne.jp
測定サーバー:大阪-新町
測定時刻:2015/11/18(Wed) 19:54
------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
============================================================

=== Radish Network Speed Testing Ver.3.2.2 - Test Report ===
使用回線:eo光ネット ホームタイプ(1ギガコース)
測定地:滋賀県
------------------------------------------------------------
測定条件
 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線
 速度:65.32Mbps (8.165MByte/sec) 測定品質:90.1
上り回線
 速度:74.17Mbps (9.271MByte/sec) 測定品質:79.1
測定者ホスト:*****************.shg*.eonet.ne.jp
測定サーバー:東京-WebARENA

測定時刻:2015/11/18(Wed) 19:51
------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
============================================================

超遅い・・・・
これじゃあ100Mや200Mコースとかわらないなあ。
低速プランに落として、それなりのレンタルVPS借りた方がやすくつくかもしれない。

eo光電話を契約

来年からKDDIの固定電話アナログ通信のサービスが終了するみたいでネット回線契約の通知が届いてました。
電話だけ利用する場合、新たに光回線を引く工事をして利用するしかないようです。

しかも以前より基本料金も値上がり・・・今使っているeo光の光電話に契約した方が安く工事費も必要ないのでeo光電話に契約することにしました。
そして・・・eo光電話には悪魔の機器、eo多機能ルーターの使用が必須となりました。

なんでこんなにも多機能ルーターを嫌がるか・・と言うと、うちの環境がちょっと特殊だから。
今は eo終端装置 ⇒ 個人サーバー ⇒ ハブ ⇒ 各PC って感じで私のサーバーがルーターの役割の状態。
それにマルチセッションサービスで、サーバーが使用するグローバルIPと各PCが使用するグローバルIPを1つずつ、計2つもらっているのです。

で、eo光電話を契約すると eo終端装置 ⇒ eo多機能ルーター ⇒ 個人サーバー ⇒ ハブ ⇒ 各PC となり余計な物が追加されます。
契約時に「eo光電話アダプター」を要求すれば「ルーター機能をOFF」にした「eo多機能ルーター」を送ってもらえるのですが、どのみち設置が必要。
今まで通りのスループットを発揮すれば良いのだけど・・・取りあえずルーターの到着待ち。

そして・・契約変更の電話をしてから2日後にルーターが到着。
eo光電話 - 説明書など eo光電話 - ルーター箱
説明書や規約の紙とルーターが入った箱。
eo多機能ルーターのメーカーは「Sumitomo Electric NetworksInc.」なので住友電気工業のよう。

ルーターのセット内用は・・・
eo光電話 - eo多機能ルーター セット内用
 ・eo多機能ルーター ×1
 ・ルータースタンド ×1
 ・電源アダプター ×1
 ・電源アダプター用ACコード ×1
 ・cat6LANケーブル ×1
 ・モジュラーケーブル ×2
 ・壁掛け用ビス ×2
 ・説明書 ×1
 ・wi-fi 設定情報シート ×1
 ・製造番号シール ×2
でした。

ルーターの裏と端子を見てみると・・・
eo光電話 - eo多機能ルーター 裏 eo光電話 - eo多機能ルーター端子
あーあ・・きたMAID IN CHINA。
これが嫌だからIntelのLANボードや家庭用ルーターは国産かアメリカ産のやつを高い金だして買ってるのに大元がこれじゃ全く意味が無い

そして端子の安いこと・・全くシールドがない。
わざわざシールドとアースに対応したcat7を使っている意味もなくなるし、サーバー本体とルーターに付けてあるアースの意味なくなる。

ことごとく安い糞な仕様である。
パケットの仕様さえ判ればハードを作って単純な電話とLANの分離機が作れるのになあ・・・