TaoTronics Selfie Stick TT-ST001を買ってみた

今まで使っていたダイソー製300円の自撮り棒は、伸縮部分は回転する、アーム部分は破損する等あまり良い物ではなかった。
アーム部分は買い換えるのが高く付くほど壊れるので、グルーガンで補強したりして使ってましたw
ダイソー自撮り棒
まあ汎用のカメラ三脚ネジで色々連結できるので、長い三脚として使ったりできるのは楽だったけれど、やっぱりダイソークオリティ。

なので、海外ではSelfie Stickで有名なTaoTronicsの自撮り棒「TaoTronics Selfie Stick TT-ST001」を買ってみました。
値段はこの記事を書いた時点で2,199円、まあそこそこの値段。

TT-ST001の特徴は、
 ・Bluetoothでシャッターを操作 (Android、iPhone対応)
 ・バッテリー30時間
 ・エアロスペースアルミニウム製
 ・最大荷重5Kg
 ・アーム角度270度、伸縮76cm
 ・重さ120g、折りたたみ時 全長18cm 幅5cm
って所です。
 
早速届いた商品を開封。
TaoTronics TT-ST001 - パッケージ TaoTronics TT-ST001 - パッケージ中身
外箱はツルっとした厚紙で内箱とピッチリサイズなので若干取り出しに手こずりましたw
内箱にはサラっとした半透明のビニールに包まれた本体が。
続きを読む

サーモスのタンブラーを買ってみた

コップに水を入れてもすぐ温くなるのがイヤになってきたのでタンブラーを買ってみることに。

買ったのは評判が良かったサーモスのタンブラー、ついでに専用スタンドも。
サーモス JDA-400 - パッケージ サーモス JDA-400 - スタンド
パッケージは水筒とかと同じで薄い段ボール。

中身は・・・
サーモス JDA-400
うん、きれいな形のタンブラーだー
本当はストレートな形が好きなんだけどw

実はこのタンブラー中国製なのが残念だけど、変な臭い、汚れ、傷などは全然無かったのにはビックリ。
ステンレス製の物って新品でも傷が付いてることが結構あるのに。

なので、普通に洗浄後して念のためエタノールの入った消毒ケースへ1時間ほど放置しました。

あとは水を入れてみる。
サーモス JDA-400 - 水を入れてみた サーモス JDA-400 - 内側
冷たい飲み物を入れると、入れたところの内側約1cm前後ぐらいが結露するけれどそれ以上は広がらないし、もちろん外側へは全然伝わらない。
氷を入れた飲み物の場合、大体4時間ぐらいは氷が残ったままで、クーラーのある部屋に置いた場合7時間ぐらい経っても氷が残ってました。
うちの家は夏場29~33°が平均なのでこれは上々(`・ω・)b

味の方は・・やっぱり若干金属の味がします。
インスタントコーヒーを入れると缶コーヒーっぽい鉄の風味にww
でもまあ、長時間入れた物を飲まない限り鉄の味は薄いので問題ない範囲かな?・・

ちなみに、内容量は400mlだけれど350mlが限界線です。
350mlの缶ビールを入れる場合、泡を立てないようにしないと泡が溢れてきちゃいますw