TaoTronics Selfie Stick TT-ST001を買ってみた

今まで使っていたダイソー製300円の自撮り棒は、伸縮部分は回転する、アーム部分は破損する等あまり良い物ではなかった。
アーム部分は買い換えるのが高く付くほど壊れるので、グルーガンで補強したりして使ってましたw
ダイソー自撮り棒
まあ汎用のカメラ三脚ネジで色々連結できるので、長い三脚として使ったりできるのは楽だったけれど、やっぱりダイソークオリティ。

なので、海外ではSelfie Stickで有名なTaoTronicsの自撮り棒「TaoTronics Selfie Stick TT-ST001」を買ってみました。
値段はこの記事を書いた時点で2,199円、まあそこそこの値段。

TT-ST001の特徴は、
 ・Bluetoothでシャッターを操作 (Android、iPhone対応)
 ・バッテリー30時間
 ・エアロスペースアルミニウム製
 ・最大荷重5Kg
 ・アーム角度270度、伸縮76cm
 ・重さ120g、折りたたみ時 全長18cm 幅5cm
って所です。
 
早速届いた商品を開封。
TaoTronics TT-ST001 - パッケージ TaoTronics TT-ST001 - パッケージ中身
外箱はツルっとした厚紙で内箱とピッチリサイズなので若干取り出しに手こずりましたw
内箱にはサラっとした半透明のビニールに包まれた本体が。
続きを読む

もふもふカワイイ傭兵と魔女のお話、ゼロから始める魔法の書を買ってきた

古本屋にある10~100円の欠損コーナーで見つけたケモノな本。
手に取ってみると小説だったので立ち読みしてみると結構面白そうだったので新品で買いそろえてみました。

小説明はゼロから始める魔法の書
ゼロから始まる魔法の書 1~5巻
剣アリ、魔法アリ、教会に権力アリのよくあるファンタジーな世界。
そして主人公がケモノ!

グッズも売っていたので序でに購入。
ゼロから始まる魔法の書 - ブックカバー 内側 ゼロから始まる魔法の書 - ブックカバー 外側 ゼロから始まる魔法の書 - ブックカバー 厚み
ブックカバーは外側が布製で内側はゼロと傭兵が書かれたポリ、外側の文字や絵は全部印刷された物なので擦れたりすると禿げてくるかも。
布を2枚合わせているので袋になっているところは若干厚めでごわごわする感じ。

取りあえず買った本に装着してみる。
ゼロから始まる魔法の書 - ブックカバー 装着 ゼロから始まる魔法の書 - ブックカバー 装着 裏
さすがピッタリ!
ピッタリすぎて入れにくさはあるけれど入れてしまえばズレ落ちたりはしない。

グッズをもう一つ。
ゼロから始まる魔法の書 - クリアファイルホルダー
2巻の表紙と同じイラストでゼロと傭兵が書かれているヤツ。
傭兵の困り顔がなんとも言えないw (ノ∀`*)

挿絵はカラーもあるので毎回楽しみ。
ゼロから始まる魔法の書 - 挿絵 1 ゼロから始まる魔法の書 - 挿絵 2
伏線が結構あってしっかり回収されているので投げっぱなしやムカムカする崩壊がないので安心して読んでいけます。
それに何と言っても傭兵とゼロの会話が楽しい。

コミックもあるようなので小説を読み終わったら比較してみます

風邪にやられた

14日に病院へ鼻炎の定期検診に行ったときに貰ったよう。
マスクは付けていたけれど、待合室で向かいの席に座ったオジジがこっちの方を向いて咳・クシャミをしまくる。
オジジはマスク無し、手で口を押させるのもなし。
マジで酷い。

あまりにも酷いから「人の方向を向いて咳をしないでください、せめて下を向くか手で押さえてくださいよ」と
注意したら大声で「お前は目上に向かって説教たれるのか どこに向かって咳をしようがワシの勝手だ」と。
頭おかしい/(^o^)\

こんな人がインフルエンザとかウィルスをばらまくんだね。

帰って直ぐシャワーしてうがいをしたけれど、結局・・翌日に発症。
最初は咳だけだったので、暖かくして寝ただけだけど次の日からが地獄。
熱が39~40°出て頭痛10時間以上続いたよ・・・

もうね頭痛によるストレスが半端ない。
風邪で弱ってなかったらスマフォから何から何までぶちこわしてそうなぐらいww
そんなのが2日続いてやっと熱が37~38°ぐらいに下がって、咳が酷いぐらいに。
 
続きを読む

銀牙伝説 赤目

今週の漫画ゴラクで銀牙シリーズの4作目「銀牙伝説赤目」が連載開始されましたねー
銀牙伝説赤目 連載開始! 銀牙伝説赤目 1話 表紙
表紙にもあるように、銀牙シリーズは30周年を突破したそうです、すごいー
 
記念すべき第1話の1~2ページ。(一部モザイク加工しています)
銀牙伝説赤目 1話
1ページ目に

「銀・ウィード・オリオン・・・。
三世代にわたる数多の死闘を支えた
生きる伝説・赤目の過去が今。明かされる!!」

と記載されているので、「銀牙伝説 赤目」では赤目の過去のエピソードが明らかになっていくようです。
個人的に、WEEDやWEEDオリオンより流れ星 銀の方が好きなので赤目の過去編はかなり楽しみ。
 
これは毎週の漫画ゴラクがかなり楽しみになるなーw

おおかみこどもの雨と雪を観てみた。

スカで「おおかみこどもの雨と雪、なかなかよかった」と言われたので観てみました。
おおかみこどもの雨と雪
 
いやー、思いの外よかったです、かなりグッときました。
ハウルの動く城ぐらいから見ていませんが、最近のジブリより良いんじゃないか?ってぐらいです。

思いの外と言うのは、スカで聞いた話しでは、「獣人に変身する」、「狼に変身する」、「切ない」と言う物だったし、
自分が知っていたのは「ケモノ耳+尻尾のキャラ」、「主人公達が自分の道を選択していく」だったので、時間つぶしになればイイカナー程度だったのですよー

ところがどっこい、見終わった後に休憩しながら考えを整理させてくれましたw
最近の映画って見終わって、考えを整理するような物あんまり無かったですからねー

個人的に、彼の死から子供が学校に通うぐらいまでは結構来るものがありましたし、最後もかなり。
 
色々モヤモヤしたところ。
 ・彼の死因。
  ⇒事故だろうけど、もうちょっと詳しい説明とかがほしかったなあー。
   周囲の状況をみると獲物の羽根とかが散らばっていたし、雨がヤマセミを捕って流された時の様な状況になったのかも。

 ・物語最後の雨の選択の後。
  ⇒周囲の人達は雨が居なくなった事について全く触れていない・・すごく気になる。
  
これは原作小説を読めばスッキリするのかなー

 
ここからは画像。
続きを読む