新しいIP範囲からのスパム

第1オクテットが103のスパムを片っ端からブロックしてたら、来るスパムが減って安心していました。
しかし、今日新しい範囲からスパムらしく短期間に山ほどメールが来ました。

文面の特徴が一致しているので同じ業者だとわかります。
とりあえず、文面はこんな感じ。

第1オクテットが103のスパム

差出人: ◆1700万円をすぐ受け取ってください◆即送金可能◆ <df21bd3@fh1jzkmb3b.com>
件名: Ш至急1700万円を受け取ってもらえませんか?急に変な事を言ってごめんなさい、でも騙したりするつもりで送っている訳じゃないので、とりあえず話しを聞いてもらえませんか? 添付写真
--------------------

◆1700万円をすぐ受け取ってください◆即送金可能◆様よりメールあり!
http://fh1jzkmb3b.com/...

退会なども上記より

 
第1オクテットが59のスパム

差出人: 専属送/金担当者:相川 絵里 <fth51rfcv@e275bj363e.com>
件名: £10,0/0円.【1度のご購,入】お一人様γあたり『960.0万,円』ご送/金のご案/内γで御.座/いますγ!専属送,金担当者,:相川 絵里
--------------------

専属送/金担当者:相川 絵里,様.よ,りメ,ッ/セ,ー/ジあり♪
http://e275bj363e.com/...

退.会なども上/記より

 
今回の送信元IPアドレスをRIRへ照会すると・・・

% [whois.apnic.net]
% Whois data copyright terms http://www.apnic.net/db/dbcopyright.html
% Information related to '59.153.205.0 - 59.153.205.255'
inetnum: 59.153.205.0 - 59.153.205.255
netname: ACCESSNETLLC-JP
descr: ACCESS-NET LLC
descr: 1403 Win Aoyama, 2-2-15 Minami-Aoyama
country: JP
admin-c: ALA2-AP
tech-c: ALA2-AP
status: ALLOCATED NON-PORTABLE
mnt-by: MAINT-ACCESSNETLLC-JP
mnt-irt: IRT-ACCESSNETLLC-JP
changed: info@access-n.net 20151105
source: APNIC
irt: IRT-ACCESSNETLLC-JP
address: 1403 Win Aoyama, 2-2-15 Minami-Aoyama, Minato-Ku Tokyo 107-0062
e-mail: info@access-n.net
abuse-mailbox: info@access-n.net
admin-c: ALA2-AP
tech-c: ALA2-AP
auth: # Filtered
mnt-by: MAINT-ACCESSNETLLC-JP
changed: hm-changed@apnic.net 20130718
source: APNIC
role: ACCESS-NET LLC administrator
address: 1403 Win Aoyama, 2-2-15 Minami-Aoyama, Minato-Ku Tokyo 107-0062
country: JP
phone: +81368691858
fax-no: +81368691858
e-mail: info@access-n.net
admin-c: ALA2-AP
tech-c: ALA2-AP
nic-hdl: ALA2-AP
mnt-by: MAINT-ACCESSNETLLC-JP
changed: hm-changed@apnic.net 20130718
source: APNIC
% This query was served by the APNIC Whois Service version 1.69.1-APNICv1r0 (UNDEFINED)

うん、やっぱり送信元はいつものヤクザスパムでした。
これからは103に加え59も警戒する必要があるかもしれません。

いつもの、スパム送信元リストには追加済みです。

ちなみに、Webサイトは脆弱性がモリモリあるのでTor等で匿名化して相手サーバーを弄って遊んでみるのがオススメです。

関連するかもしれない記事



トラックバックURL


スパム対策のためトラックバックURLを動的に生成しています。
生成されるトラックバックURLはコンテンツURLと紐付けされますので、コンテンツURLで指定したサイト以外では使用できませんのでご注意ください。
トラックバックの注意事項などの詳しい説明は About ページを閲覧してください。
「コンテンツURL」を入力し「URL生成」ボタンを押してください。
トラックバックを送る際はあなたの記事やコンテンツにこの記事のURLを書くかリンクしておいてください。
URLがない場合はスパムとして削除され以降の全トラックバックは拒否されます。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません、また は必須項目です。
このブログに初めてコメントする方は こちら をご覧ください。


画像認証は待機中です、先にコメント本文を入力して下さい。

コメントを送信しています、しばらくお待ち下さい...
(Akismetスパムデータベース及びブラックリストへの照会を行っています)


キャンセルをした場合でもコメント投稿が完了している場合があります