また楽天にやられた

15日に出先で立ち寄ったサークルK。
その会計中に「ポイントカードはお持ちですか?」と言われたので、「どのカード?」と答えると楽天ポイントカードの案内を見せてくれました。
「既に会員だから持ってるカードではだめなの?」と持っているカードを見せたけれど、それとは別のカードと説明された。
既に楽天の会員でも+Kのカードを楽天のIDへ追加登録するだけで、既存の楽天のポイントへ加算されるようになるってやつらしい。
Rポイントカード
楽天銀行を使っていた頃のポイントが結構貯まっているので、そのポイントが使えるなら・・・と言うことでカードを発行してもらい退店。

家に帰って登録を行おうとすると「メールアドレスが正しくない」と言うことで登録できず、サポートに連絡するとメールアドレスに記号が含まれているとダメだそう。
使っているメールアドレスを伝えると+がダメな要素らしい。
+の記号はRFC5321とRFC5322ってメールアドレスの規定で使ってもよい文字として定義されている物。

他のアドレスを使うように言われたが、楽天関係だからISPや携帯端末のメールアドレスは使いたくないw
なのでショップ関連用のGmailアドレスにエイリアスを使用したのに・・・

そのことを伝えると、実店舗に設置されているKステーションでメールアドレスなしで+K会員に登録できるとのことで、翌日登録することに。

で、翌日Kステーションで+K会員に登録しあとは楽天IDと紐付けするだけとなった。
帰宅後に楽天へログインしRポイントカードの利用登録をしようとすると・・・
Rポイントカード 利用登録

入力したRポイントカード番号は以下の可能性があります、ご確認のうえ、再度ご入力ください。
・すでに削除済みのRポイントカード番号
・実在しないRポイントカード番号
・他のユーザーが登録しているRポイントカード番号


当然カード番号は何度も確認したけれど、何度やっても同じエラー。
なので、楽天のサポートに連絡したところ以下の回答が。

ご案内 Eメール経由(佐藤) - 2015年04月17日 18:50
日頃、Rポイントカードをご利用いただきましてありがとうございます。
Rポイントカードお客様サポートセンター 佐藤 でございます。

この度はお問い合わせいただきありがとうございます。

お問い合わせいただいたRポイントカード番号をお調べしたところ、
ご連絡いただいたメールアドレス「~@gmail.com」とは異なる、
楽天会員IDに利用登録がお済みであることがわかりました。

なお、利用登録が一度完了となったRポイントカードは
別の会員IDへ登録し直すことができません。

そのため、その他のメールアドレスの楽天会員IDにRポイントカードを
ご登録いただく場合は、新しいRポイントカードをご入手いただき、
インターネット上より利用登録を行っていただきますようお願い申し上げます。

また何かご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
今後とも、Rポイントカードをよろしくお願いいたします。

※再度お問い合わせの際は、このメールへご返信ください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Rポイントカード
http://point.rakuten.co.jp/rpointcard/

■Rポイントカードヘルプページ
http://rpointcard.faq.rakuten.ne.jp/app/home/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・・・・・・・・・・・・・・・(゚◇゚)

サークルKへ連絡してみても「カードは自分の名前で登録されている」と言うことしかわからず、一切の原因が不明との事。
どうすれば良いかきいたところ、「店舗にて新しいカードをもらってそちらを使ってみてください」と言うことでした。
今のカードで既に数回買い物してポイントが加算されているのだけれど、それはどうなるのかと聞いたら「ポイントの引き継ぎはできません。」とのこと。

おかしいじゃない?
新規のカードで利用登録ができず、原因不明。
一定期間以内に登録を完了させないとポイント無効化。
解決策は新しいカードを作ること、但しポイントは引き継がれない、新規登録特典もなし。

サークルKのオペレーターの人には可愛そうなことをしたけど、「現時点でこっちの落ち度は何かありますか?」と質問したところ、オペレーターは言葉に詰まってしまったw
その後、本部へ報告を上げて調査してもらう と言うことで一旦通話を終了。
今のところ、楽天へ送った罵詈雑言のメールの返事とサークルKからの電話報告待ち。

楽天銀行を辞めるときも色々面倒だったし・・・
ほんとコレだから楽天ってあんまり使いたくないんだよ。

関連するかもしれない記事



トラックバックURL


スパム対策のためトラックバックURLを動的に生成しています。
生成されるトラックバックURLはコンテンツURLと紐付けされますので、コンテンツURLで指定したサイト以外では使用できませんのでご注意ください。
トラックバックの注意事項などの詳しい説明は About ページを閲覧してください。
「コンテンツURL」を入力し「URL生成」ボタンを押してください。
トラックバックを送る際はあなたの記事やコンテンツにこの記事のURLを書くかリンクしておいてください。
URLがない場合はスパムとして削除され以降の全トラックバックは拒否されます。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません、また は必須項目です。
このブログに初めてコメントする方は こちら をご覧ください。


画像認証は待機中です、先にコメント本文を入力して下さい。

コメントを送信しています、しばらくお待ち下さい...
(Akismetスパムデータベース及びブラックリストへの照会を行っています)


キャンセルをした場合でもコメント投稿が完了している場合があります