ドコモのサービス dビデオ 詐欺に注意

6月24日 追記:この問題の解決方法はこちら

今月の12日に携帯の機種変更をして、その際のオプションで携帯端末とPCで映画などが見放題のサービス「dビデオ powered by BeeTV」を契約しました。
契約の際にPC環境の質問をしたところ「Windows 7、Internet Explorer、Firefox、Google Chromeであれば問題無く観ることができる。」と回答を貰っていたので安心していましたが・・・
 
帰宅してPCにdocomoIDを設定し観ようとすると・・
dビデオ ライセンスエラー: P030-6003
再生に必要なライセンスを獲得できませんでした。(エラーコード:P030-6003)
 エラーの詳細については、下記ボタンより原因および対処方法をご確認ください。

とのダイアログが。
 
「よくある質問へ」のボタンから対処方法が書かれているページに行き、提示されている事を全て行っても現状変わらず。
dビデオのサポートは電話無しの問い合わせフォームからの連絡のみだったのでそちらで観れない旨を連絡。

しかし1週間以上経過しても連絡なし。
 
無料期間を過ぎてしまって料金が発生しても観ることが出来ず、ドコモの総合受付(151番)へ問合せをしたところ、
「dビデオは確かに契約済みです」
「dビデオの問い合わせ内容はこちらの窓口からは確認することができない」
「再生環境をお確かめください」

との回答。

「ドコモショップへの持ち込みならサポート可能ですか?」
と聞いたところ、
「dビデオのサポートは別なのでショップへの持ち込みでもこちらの電話と同じ対応しかできない」
と回答が帰ってきました。
 
うーん、サポートする気が全然ないなあ・・・
セキュリティなどが原因かもしれないので、メインPC、サブPC、仮想PCでテストを行ってみることに。

各PCの構成はこんな感じ。
メインPC
OS: Windows 7 Pro x64 SP1 (現時点入手可能な更新適応済)
Silverlight: 5.1.30214.0
ブラウザ1: PaleMoon 24.6.2
ブラウザ2: GoogleChrome 34.0.1847.131
ブラウザ3: Internet Explorer 11
 
サブPC
OS: Windows 7 Pro x64 SP1 (現時点入手可能な更新適応済)
Silverlight: 5.1.30214.0
ブラウザ: GoogleChrome 35.0.1916.153
OSをクリーンインストールし、ファイアウォール等のセキュリティ関係を全て無効又はアンインストールした無防備な状態。
 
仮想PC
OS: Windows XP Pro x32 SP3 (現時点入手可能な更新適応済)
Silverlight: 5.1.30214.0
ブラウザ: GoogleChrome 35.0.1916.153m
OSをクリーンインストールし、ファイアウォール等のセキュリティ関係を全て無効又はアンインストールした無防備な状態。
 
結果はこんな感じ。
メインPC (左:Pale Moon、中央:Google Chrome、右:Internet Explorer)
dビデオ ライセンスエラー: メインPC Firefox系 dビデオ ライセンスエラー: メインPC Google Chrome dビデオ ライセンスエラー: メインPC Internet Explorer 11
どのブラウザも「再生に必要なライセンスを獲得できませんでした。(エラーコード:P030-6003)」でした。
 
サブPC
dビデオ ライセンスエラー: サブPC Google Chrome
こちらも予想通り「再生に必要なライセンスを獲得できませんでした。(エラーコード:P030-6003)」
 
仮想PC
dビデオ ライセンスエラー: 仮想PC Google Chrome
こっちも同じエラーかなー?と思っていたけど違うエラーで「お使いのパソコンのディスプレイでは保護されたコンテンツの再生ができません。(エラーコード:P032-6030)」でした。
実行はメインPC上ではあるけれど、仮想PCのディスプレイアダプタがHDCPに対応していないようなので再生ができないよう。
 
で、よくある質問に書かれている通りなら「P030-6003」はサーバーとの通信に失敗している・・と言うことなので、パケットキャプチャをしてみたところ
プレイヤー起動時後、ライセンス確認画面に移動する直前に下記アドレスへパケットが飛んでいました。
 54.249.52.77(ec2-54-249-52-77.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com):80
データリンク層まで通信は確立されているけれど、それ以降の通信が全くなし。
そして無通信のままエラーメッセージ「P032-6030」が表示されプレイヤーが終了。
 
コレばっかりはどうしようもないので、再び総合案内へ連絡し報告。
回答は同じで「dビデオのサポートはこちらの窓口では受けつけていない」でした。
「では、どこならサポートをしてくれるの?」
と聞いたところ、
「dビデオのサポートはWebにあるお問い合わせフォームのみとなっています」
と回答が。
 
観ることが出来ないサービスに用はない・・・って事で解約する事を伝え、発生した料金の取り消し又は払い戻しを要求したけれど
「解約は可能ですが、料金の払い戻しはできない」
と回答されました。

こっちはサービスの利用ができず、1秒も動画を観ていないのに料金が発生・・・なんて理不尽。
その上、dビデオのサポートは1週間以上返答無し、ドコモサポートもサポート拒否。
 
金だけ取られてサービスを利用できてないじゃん・・と言うことで、消費者センターへ連絡。
現状を全て伝え終えると「センターの方からドコモへ解決できるか連絡するので、後程連絡をいれます」とのこと。

そして40分ぐらい後に連絡があり「総合窓口ではダメだったので大阪支社の方へ連絡しました、そちらでの回答は「詳しいことを調べたいので端末を持って最寄りのドコモショップへ来てください」と言うことでしたので、ドコモショップへ行っていただき、それでも解決しないようであれば再度連絡をお願いします。」
と言う回答でした。
 
そして、ドコモショップへ行き事態を説明しサポート開始。
端末を確認され動画が再生できないのも確認。
そして「今ここではわからないので、本部に連絡する必要があります。「後日連絡しますので・・・」」と。。
「そんなに時間が掛かることなの?今すぐ連絡することはできないの?」と言うと、奥に引っ込んでいき社内携帯?を持って「では今連絡を取らせて頂きます。」って感じで、サポートカウンターを挟んで店員さんが更にサポートを受ける?状態になりましたw
 
そうして質問をされたり、店員さんが質問仕返してたりして約2時間半が経過。
本部の方で確認は正常に再生できたとの事。
 
肝心の対応策を聞いてみたところ「原因不明」との事。
強いて上げるならば「スマフォ端末の無効にされているこのアプリ(下に書きます)を有効にしてPCで再生出来るかためしてみてください」と。
そのアプリは・・・
 ・「書」メモ
 ・おサイフケータイ アプリセットアップ
 ・おサイフケータイ 設定アプリ
 ・おサイフケータイ Webプラグインセットアップ
 ・おサイフケータイ TSMプロキシ
 ・カレンダー
 ・カレンダーの保存
 ・しゃべって検索
 ・スケジュール/メモ・トルカ同期
 ・データ保管BOX
 ・ハングアウト
 ・フェイスアンロック
 ・マジックスモーク壁紙
 ・ミニアルバム
 ・ミニウィジット
 ・ミニマップ
 ・ミニ予定表
 ・ミニSocialBoard
 ・ミュージック
 ・メール
 ・検索アプリプロバイダ
 ・災害用キット
 ・時計・インフォメーション
 ・時計・インドメーション(テーマ)
 ・即メモ
 ・天気
 ・歩数計
 ・AOSS
 ・Bluetooth電話帳取り込み
 ・Canon PIXUS
 ・EPSON プリンター
 ・Familink Secure Downloader
 ・Familink Secure Player
 ・Gガイド 番組表DL
 ・Gmail
 ・Google Playブックス
 ・Google+
 ・Googleキーボード
 ・Googleの連絡先の同期
 ・Googleブックマークの同期
 ・Google検索
 ・OfficeSuite
 ・Social Board
これを有効にしてPCで試すらしい。
PCで観るのにスマフォと通信する意味がわからない、電池切れで電源が落ちてたり圏外な時は観ることができないって事になりますよねー。
明らかに関係ないけれど提示された内容なので試す。

結果はエラーコードP030-6003で再生不能。
 
そうして再度サポートを受けたけれど「これ以上はわかりかねます」と言うことで原因不明のままサポートできず終了。
動画を1ミリ秒も観ていないのに、1ヶ月分の使用料500円をとられて終わりました。

チナミニこれは規約に書かれていることなので消費者センターを介しても無駄でした。
 
dビデオのサポートページにある「よくある質問」を見て解決しなくて、サポートに連絡をしても返答がない場合で無料期間中の方は即解約をオススメします。
サポートを解約後も受けられますので。
 
 
2014/06/23 22時追記
 ネットカフェでも同じ症状だったのでPC環境や回線は関係ない模様。

関連するかもしれない記事



トラックバックURL


スパム対策のためトラックバックURLを動的に生成しています。
生成されるトラックバックURLはコンテンツURLと紐付けされますので、コンテンツURLで指定したサイト以外では使用できませんのでご注意ください。
トラックバックの注意事項などの詳しい説明は About ページを閲覧してください。
「コンテンツURL」を入力し「URL生成」ボタンを押してください。
トラックバックを送る際はあなたの記事やコンテンツにこの記事のURLを書くかリンクしておいてください。
URLがない場合はスパムとして削除され以降の全トラックバックは拒否されます。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません、また は必須項目です。
このブログに初めてコメントする方は こちら をご覧ください。


画像認証は待機中です、先にコメント本文を入力して下さい。

コメントを送信しています、しばらくお待ち下さい...
(Akismetスパムデータベース及びブラックリストへの照会を行っています)


キャンセルをした場合でもコメント投稿が完了している場合があります