Country Blockerを更新。

今回の更新で名称を「Country Blocker」から「Country Filter」に変更しました。
今まではブラックリスト方式だったけれど、ホワイトリスト方式も使用できるようにしたのでBlockerは違うなーってことで。

今回の更新はもう書いちゃったのもあるけど、
 ・名称の変更
 ・ホワイトリスト方式を追加
 ・filteringLevel=0が動いていなかった問題を修正
 ・コマンドを1つ追加
の4点。
 
この更新で設定ファイル名と設定項目名が変わりました。

韓国・中国・台湾をブロックする場合は
 matchType=0
 countrys_Deny=KR,CN,TW

日本からのみ許可する場合は
 matchType=1
 countrys_Allow=JP

ちなみに、ブラックリスト方式とホワイトリスト方式の両方を使用する事はできません。
というか、IPアドレスでのフィルタリングじゃないから両方有効にしても意味が無いんですよねw

 

丁度Country Filterの話題なので、ちょっと前に来ていた幾つかのメールの内容をネタに。

内容は「US...(略)...など海外を指定しているのに接続される」、「hamachiでのブロック方法を教えて」と言う物。
どちらにも共通しているのは「hamachi」を使用しているサーバーであること。
 
まず、Country Filter(Country Blockerでも同じ)は接続してきたIPアドレスをMaxMind社のGeoLiteCountryデータベースに照会して何処の国からのアクセスか判定しています。

プロキシ経由やVPN(今回はhamachi。)なんかでのアクセスは接続元のIPアドレスがわからないため国情報を判定できません。
一定の条件が揃えばプロキシでも判定可能ですがVPNは無理です。
 
どれだけダダをこねられても無理です、VPNとhamachiの仕組みをちゃんと理解してください。
それができたらファイアーウォールの設定を変更してグローバルIPアドレスから接続できるようにしましょう。
 
あとメールは受信可能なアドレスを指定してくださいねー。

関連するかもしれない記事



トラックバックURL


スパム対策のためトラックバックURLを動的に生成しています。
生成されるトラックバックURLはコンテンツURLと紐付けされますので、コンテンツURLで指定したサイト以外では使用できませんのでご注意ください。
トラックバックの注意事項などの詳しい説明は About ページを閲覧してください。
「コンテンツURL」を入力し「URL生成」ボタンを押してください。
トラックバックを送る際はあなたの記事やコンテンツにこの記事のURLを書くかリンクしておいてください。
URLがない場合はスパムとして削除され以降の全トラックバックは拒否されます。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません、また は必須項目です。
このブログに初めてコメントする方は こちら をご覧ください。


画像認証は待機中です、先にコメント本文を入力して下さい。

コメントを送信しています、しばらくお待ち下さい...
(Akismetスパムデータベース及びブラックリストへの照会を行っています)


キャンセルをした場合でもコメント投稿が完了している場合があります