FarCry3をプレイしてみた

FarCry3のプレイ動画を見ていたら面白そうなので我慢できずに買ってしまった。
FarCry1も2もプレイ済ですが、3は2の失敗点を結構改良しているようなのでサクサク行けそう。
 
早速起動してみると、Uplayなるソフトが起動。
どうやらUbisoft専用のゲームランチャーのよう。(SSはちょっとプレイ後に撮った物です・・w)
FarCry3 - Uplay Steam起動 FarCry3 - Uplay Steam未起動
で、このUplayが曲者。
なんとSteamによるライセンス確認+Uplayによるライセンス確認の2ステップがあるのです。

Uplay単体で起動するとライセンスの確認が取れなくてゲームが表示されなくなります。(SS右側)
またSteamを起動していても、SteamからUplayを起動させないとライセンス未確認状態になります。
 
極めつけはUplayの消費メモリが140M越えな事と、画像でゴテゴテなUIの使い勝手が悪い。
メモリは十二分に詰んでるので問題ないけれど気分的にイヤww

起動の流れは・・・Steam起動⇒SteamからFarCry3起動(Uplay起動)⇒UplayからFarCry3起動
Uplayが自動でFarCry3を起動してくれるだけでもありがたいんだけどなあ。
 
そして、Uplayのユーザー情報の変更などはUplayランチャー上では全くできないのでブラウザをから。
ブラウザでUplayのサイトを開くとIEの場合ActiveX、FFやChromeの場合は専用のプラグインのインストールを促されます。
インストールは必須でインストールしないと一部ページの閲覧や設定の変更が全くできないのです。

ActiveXは論外だしプラグインも・・・インストールしたくないのでプロフィール設定は諦めました。
 
Uplayの設定関係でイラッとしましたが、気を取り直してプレイ。
FarCry3 - タイトル FarCry3 - メインメニュー
タイトル画面とメインメニューは海の中?がイメージのよう。

デフォルト設定だとShift+F2でUplayのオーバーレイが、Shift+TabでSteamのオーバーレイがでますが・・・
これを同時に行うとゲームが操作不能になります。
同時にやることなんてないですが、こんなつまらないバグは取り除いておいてほしいw

 
さて、ゲーム画面はいかほどー
FarCry3 - 電波塔 FarCry3 - 電波塔 開放1 FarCry3 - 電波塔 開放2
うん、DirectX11だけあって綺麗。
最高設定でも電波塔の上から見ると、遠くのオブジェクトは簡易表示されたり消えたりするのが残念。
少し画質落として表示距離を伸ばすとか、この辺の設定を変更できればよかったんだけどねー。
 
海賊との戦闘は主に巡回しているヤツとの突発的な戦闘。
見方の勢力と撃ち合いしていたり野生動物とやっていたり・・・大抵は対立する前に気づける感じです。

基地攻めはカメラで偵察して敵の位置を把握してから突撃するか、おびき寄せて暗殺するかですね。
FarCry3 - カメラ FarCry3 - マーキングした敵
カメラでマーキングした敵は赤いマークが付き、物陰からでも敵の位置がわかるようになっています。
クライシスみたいw
 
武器は結構いろいろあって、どれを持っていこうか迷っちゃう。
お気に入りはアサルト+弓
FarCry3 - MS16 FarCry3 - MS16 エイム FarCry3 - 弓 FarCry3 - 弓 エイム
弓はうまく決まればランボーのようなプレイが可能w
爆発はしないみたいですけどね・・w

そこの所はクライシス3に期待。
 
3の目玉?の1つ経験値とスキルシステム。
FarCry3 - スキル
スキルは「サギ」、「サメ」、「クモ」の分類があって、それぞれスキルの方向が違う。

面白いのはスキルを覚えると左腕のタトゥーが変化していくこと。
FarCry3 - タトゥー 新しく追加された所 FarCry3 - タトゥーの状態
スキルを覚えてからゲームに戻ると、新しく覚えた部分のタトゥーが赤くなってから黒くなります。(SS左)
今どんな感じにタトゥーがなっているかも見ることが可能(SS右)

 

クエストも結構あるようなのでカナリ楽しめる内容みたいです。
クエストが終わってもお馴染みのトレジャー要素があるので結構な時間を遊べそう。

関連するかもしれない記事



トラックバックURL


スパム対策のためトラックバックURLを動的に生成しています。
生成されるトラックバックURLはコンテンツURLと紐付けされますので、コンテンツURLで指定したサイト以外では使用できませんのでご注意ください。
トラックバックの注意事項などの詳しい説明は About ページを閲覧してください。
「コンテンツURL」を入力し「URL生成」ボタンを押してください。
トラックバックを送る際はあなたの記事やコンテンツにこの記事のURLを書くかリンクしておいてください。
URLがない場合はスパムとして削除され以降の全トラックバックは拒否されます。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません、また は必須項目です。
このブログに初めてコメントする方は こちら をご覧ください。


画像認証は待機中です、先にコメント本文を入力して下さい。

コメントを送信しています、しばらくお待ち下さい...
(Akismetスパムデータベース及びブラックリストへの照会を行っています)


キャンセルをした場合でもコメント投稿が完了している場合があります