Selectable Paintingsに要らない機能を実装準備中。。。

前回v1.1.3を公開してからダウンロード数が少し跳ね上がりました。
いやー嬉しい限りです、ありがとうございます。
 
v1.1.3を公開したときの記事を見ればわかるのですけれど、6World鯖のあるユーザーさんからまだ要望が来ます。
その要望とは・・・・「夜になると動く機能」。。。w

まあ面白いし実装してみようかな?と思ってテスト実装してみた。
[jwplayer mediaid="2753" width="512" height="290"]

この絵画動くぞ( ゚д゚)
 
設置した絵画が全部動くとMODを抜いてゴミ箱に突っ込んでグチャグチャにしてやりたくなるので条件をつけてみました。
 ・何かしらのアクションで、絵画の周辺でプレイヤーが死ぬと一定確率で動くようになる。
 ・動くのは夜のみ。
 ・動く範囲は上下左右で、移動先が絵画が外れる条件の場合は移動しない。
って所です。
 
実際やってみるとなかなか面白い。
ホラーちっくな絵画を作るとお化け屋敷みたいな物が作れるかも・・・?
夜限定だけれどねーw

Linodeからのスパムメール。

いやーほんと酷い。

送信元アドレスは「適当な文字@yahoo.co.jp」で、送信元サーバーはLinode, LLCやSakura Internetでした。
勿論メールヘッダーにyahooサーバーが発行するDKIMフィールドはないので送信元が偽造されたメールです。
 
1~2月は出会い系のスパムメールで、
ポイントが振り込まれましたとか、100万円渡すので...とかが多かったですね。

ブロックせずに地道にsakuraとlinodeの親回線であるkddiに報告しまくりました。
sakuraの方は報告すればピタっとメールが止まるので良いのだけれど、kddiは報告しても全然止まらないですね-。
 
なぜlinodeへ報告しないかと言うと、以前にlinodeでアビューズ行為を報告したのです。
返答は「調査し対応する」と言った内容でした。

で、何度かアビューズ報告を行ったところlinodeのメールサーバーに弾かれるようになりました。
試しにgmailから送ってみると正常に送れたのでwolfs.jpドメインがブロックされたようですw
 
これは恐らくアビューズ行為を行ってるユーザーによる利益が大きいから・・切りたくなりんでしょう。
回線もアビューズ対応がクソなkddi回線ですしねー。
わかりやすい反応ですごく納得しましたww
 
そんな日々が過ぎて2~3月
今度は不正BSカードの販売メールがLinodeのサーバーから来るようになりました。

これは出会い系じゃないので、
警察に電話で
 自分:「不正BSカードを販売するメールが来るのですが、サーバーログやメールデータの情報は要りませんか?」
と言ったところ
 警察:「欲しいです!お願いします。」
と言われたので教えて貰ったメールアドレスに情報を提供し続けた所、不正カード販売のメールは来なくなりました。

やる気の無い感じに あー、じゃあいただきます とか言われるのかと思ったけどカナリ情報が欲しそうな感じでした。
 
それから今月までは全然スパムメールが来なかったのですが・・
数日前から送信元サーバーがLinodeの新しいスパムメールが届き始めました。

続きを読む

Selectable Paintings v1.1.3公開ー!

ここ最近メールチェックしていなかったら、6Worldサーバーからクレームと要望がきていましたw
その数12件。。うちバグ報告9件w

内容は
 ・マルチプレイで使用するとクラッシュ
 ・絵画のブロック範囲がずれている?
というもの。

クラッシュについて調べてみると・・・テストプレイ用のコードが残っていましたw
なんてこった/(^o^)\
 
「絵画のブロック範囲がずれる」と言うのがわからなかったので、6Worldサーバーに乗り込んできいてみると・・・
「絵画の後にあるブロックをチェックするとき、関係ないところを壊すと絵画も外れる」と言うことでした。

縦3ブロック以上の絵画のみ発生するようでこのバグの影響を受けるのは「明るさ計算」、「ブロック存在チェック」、「ジャストフィット」の3つ。
いつからバグってたのだろう・・・w
 
サクッとバグを直したら要望の反映。。
 
要望はこれだけありました。
 .特定のアイテムを持っているときだけ通り抜ける事ができる機能
 .触るとダメージを受ける機能
 .イタズラすると爆発する機能
 .ソンビーフを投げつけると呪われる?機能
 .夜になると動く機能
 .夜になると攻撃してくる機能
 .床と天井に設置できる機能
 .設置した人以外外せない機能

いやー、海外らしいアイデアばっかりですねー
5と6はホラーじゃないか・・、と言うかMODが違う方向に行っちゃうww

7は以前にも要望があったのですが、地面に設置した絵画にMobが乗ると何故か押し合いへし合いになって最後にはMobが吹っ飛ばされるんです。
プレイヤーが乗ると移動不能になり吹っ飛ばされるまで待たないといけませんw

これはこれで面白いんですけどかなりイラっとするので、原因がわかったらできるようにしたいと思います。
 
で、採用したのは1~4、8の5つの機能。
と言っても1と8と2~4を纏めたので実際には2つの機能ですねー
続きを読む

Sang-Froid - Tales of Werewolves 購入してみた

6月6日のSteam日替わりセールに「Sang-Froid - Tales of Werewolves」がでていました。
SF - TOW セール
なんと$14.99が$7.49に!
ちょっと前から気になっていたけれど「$10以上は払いたくないなあ・・」と思ってた物だからこれはラッキーだったw

ゲーム自体は拠点?を襲ってくるオオカミをトラップ等で倒したり、主人公で攻撃するすと言う物。
海外の情報によるとストラテジーとTPSが合体したような感じで、ストラテジーモードで罠などを設置してTPSモードでストラテジーモードで設置した罠とかを使ってストーリーを進めていく物みたい。

ストラテジーはAge of Empiresシリーズぐらいしかハマらなかったし、面白みを感じなかったのでどんなものか楽しみー。
 
早速購入してダウンロード!
SF - TOW 購入 SF - TOW ダウンロード
eoの回線劣化しすぎワロタ、ダウンロード遅っそ。。。。(´・ω・`)
ダウンロード後半は120kb/sとかになってダウンロードに超時間が。。。。
 
早速起動してみる。
SF - TOW 起動画面
おおお、月をバックのロゴとその周りにオオカミ。
雰囲気が違えばホラー系ゲームになりますねw
続きを読む

Selectable Paintings v1.1.2を公開!

Selectable Paintings v1.1.2を公開しました。
 
今回のアップデートはv1.1.0で追加した「Brightness」機能に新しいモードを追加しました。
追加したのは、設置した絵画の範囲の明るさを獲得して全体に適応するものでモードは「最大」、「最小」、「平均」の3種類。
 
どんな感じかと言うと・・
Minecraft MOD - Selectable Paintings - ブライトネス - 自動 Minecraft MOD - Selectable Paintings - ブライトネス - 最大
左:自動(従来と同じ) 右:最大 
 
明るさ固定と違って、周りが暗くなれば絵画も暗くなるので、Minecraftの絵画独特の1ブロック毎に明るさが違うのがイヤな方は使ってみてください。
「最小」と「平均」はオマケみたいな物なので使いどころは・・・無いに等しいかな?w
 
ダウンロードは非公式フォーラムからどうぞ