Craftbukkitのプラグイン「xWarp」を修正してみる。

なんでこんなの書いたかというと・・・6日の記事を見たフレに「前みたいに更新するんだ」と言われてしまい・・w
ほんと前みたいにネタないんですよね_| ̄|○
 
 
ということで、特にネタが無かったので今日のマイクラでの作業を・・
作業といってもプレイする側じゃなくて、サーバー管理のほうですが。

うちのサーバーはDynmapとxWarpで他人の建物入り口とかにワープしたりできるようになってるのです。
Minecraftがv1.1になってバイオーム間の色が綺麗になったりしていますよねー

Dynmap v30.1でもv1.1と同じように表示できるようになったみたいなので、アップデートしてみたのだけどエラーが発生。

[SEVERE] Could not pass event org.bukkit.event.server.PluginEnableEvent to xWarp
java.lang.NoClassDefFoundError: org/dynmap/DynmapPlugin
	at de.xzise.xwarp.listeners.XWServerListener.load(XWServerListener.java:57)
	at de.xzise.xwarp.listeners.XWServerListener.onPluginEnable(XWServerListener.java:33)
	at org.bukkit.plugin.java.JavaPluginLoader$49.execute(JavaPluginLoader.java:608)
	at org.bukkit.plugin.RegisteredListener.callEvent(RegisteredListener.java:57)
	at org.bukkit.plugin.SimplePluginManager.callEvent(SimplePluginManager.java:453)
	at org.bukkit.plugin.java.JavaPluginLoader.enablePlugin(JavaPluginLoader.java:1064)
	at org.bukkit.plugin.SimplePluginManager.enablePlugin(SimplePluginManager.java:379)
	at org.bukkit.craftbukkit.CraftServer.loadPlugin(CraftServer.java:192)
	at org.bukkit.craftbukkit.CraftServer.enablePlugins(CraftServer.java:175)
	at net.minecraft.server.MinecraftServer.t(MinecraftServer.java:360)
	at net.minecraft.server.MinecraftServer.a(MinecraftServer.java:347)
	at net.minecraft.server.MinecraftServer.init(MinecraftServer.java:178)
	at net.minecraft.server.MinecraftServer.run(MinecraftServer.java:411)
	at net.minecraft.server.ThreadServerApplication.run(SourceFile:465)
Caused by: java.lang.ClassNotFoundException: org.dynmap.DynmapPlugin
	at java.net.URLClassLoader$1.run(Unknown Source)
	at java.security.AccessController.doPrivileged(Native Method)
	at java.net.URLClassLoader.findClass(Unknown Source)
	at org.bukkit.plugin.java.PluginClassLoader.findClass(PluginClassLoader.java:41)
	at org.bukkit.plugin.java.PluginClassLoader.findClass(PluginClassLoader.java:29)
	at java.lang.ClassLoader.loadClass(Unknown Source)
	at java.lang.ClassLoader.loadClass(Unknown Source)
	... 14 more

xWarpは更新が遅いのでとりあえず自分で修正することに。
 
ログを見るとどうやらクラスが見付からないらしい。
Dynmapの履歴をみてみると、v30からDynmapPluginの位置は org.dynmap.DynmapPlugin から org.dynmap.bukkit.DynmapPlugin に変更されているので、
エラーが発生しているXWServerListenerのソースをGitHubから拾ってきて以下のように修正。

import org.dynmap.DynmapPlugin;
 ↓
import org.dynmap.bukkit.DynmapPlugin;

 
これで新しいDynmap上でxWarpのワープポイント名がでるようになりました(`・ω・)b
 
 
そんで、今日テストしてて気づいたんだけど、
Dynamp内のHTTPサーバーを使用すると、海外IPから接続が来るようになったのはいつ頃からなんだろう・・・
テスト用ローカルサーバーのIPはメインサーバーと違うし、ポートを変えてもそのポートにピンポイントで接続要求だしてくる。( ゚д゚)
他のプラグインは入れていないし・・・

使用者の監視もしてるのかしら。
と思って、パケットログを取ってみたけどDynmapからの通信はスキンの獲得ぐらいしかだしていない。
ドウナッテルノー! ヽ(`Д´)ノ

ちゃんとDynmapのソースを見ればいいんだろうけど・・・めんどくさい。
本番サーバーはDynmap内部HTTPサーバーを使っていないから問題はないかな。
でもキモチワルイ(´・ω・`)

2回目のDHARMA POINTマウス

今まで使っていたマウスDRTCM03BLの左クリックが反応したりしなかったりするようになってきたので、新しいマウスを購入しましたよー
2009年7月に買って今年の2月まで・・・もった期間はまあまあでしょうかね。
ちょっとはやい気はしないでもないけれどw

今回購入したのは同じくDHARMA POINTのDHARMA TACTICAL MOUSE - DRTCM15BK/C
友達が使っていたSteelSeries Xai Laserもなかなか良かったけれど、ドメインの更新もあるので予算が・・・_| ̄|○

早速あけてみる。
DRTCM15BK/C - 製品箱DRTCM15BK/C - 製品箱 開けたところ
DRTCM03BLと同じで、箱は開けて中を見ることができるようになってますね。

こっちは付属品。
DRTCM15BK/C - 付属品
ソフトウェアCD、マニュアル、保証書、交換用ソール
交換用ソールがついてるのが嬉しいw

 
使ってみた感じは、
DRTCM03と同じぐらいだろう・・と思ってたからビックリしましたよ。
ソフトウェアのインストールはしないつもりだったけれど、ソフトウェアでDRTCM03と同じCPI値に設定してみたけれど、やっぱり早いぐらいの反応。
センサーの位置が変わったりしてるからなのかな?

ただ、DRTCM03と違って細かい動きは向いてないみたいですねー
例えば画像の編集とかね・・いくらフォトショとかイラレの補正がかかってもダメ。
マイクラのテクスチャ作成とかちょっと難航しそうw

クリック感はDRTCM03より軽いですね、戻りもいいのでFPS等でタップ撃ちする時はかなりやりやすい。
クリック音はかなり大きくなってるので、FPSで撃ちまくってる時とかは「何してるの?」と思われるぐらいうるさいですw
ホイールを回したときの音が静かになっていたのはいい感じ。

あと、自分の手で左サイドについている第4・5ボタンが押しにくい・・特に第4ボタンw
殆どブラウザのマウスジェスチャかキーボードのBackspaceを使ってるので影響は少ないですが。。