Minecraft いろいろ更新

Minecraft正式版のリリース日が迫ってきましたねー
うちのサーバーはv1.5.01からずーっとMAPを引き継いできてるので、サーバーを正式版にアップデートしたら今のマップとはお別れ。
みんなが建てた建造物はエディタで新MAPへ持ち込むので問題はないですが・・・ちょいとめんどいですねw

で、今日はいろいろ時間が余ったのでデフォルトの設定だったDynmapとItemCraftのプラグイン周りを弄ってみた・w・
dynmapは以前から使ってみようと思ってたコンポーネント「HDmap」を導入してみることに。

まずはサーバーで配布している推奨テクスチャをdynmapのtextureと置き換える。
ついでに、今まで表示できなかったMODで導入されたブロックも表示できるようにcustom-models、custom-textureを設定。
custom-modelsでブロックのレンダリングモデルを作ってる時が地味に楽しかった・・w

これで独自MODで追加したブロック・Kaevator MODで追加されたスロープ等々がMAP上で表示されるようになりました。
Minecraft - Dynmap: HDmap
マップ作成ソフトmcmapの表示に似てますねー
っていうかほぼ同じ?

綺麗になったとニコニコしてたのはいいが・・・dynmapのtilesディレクトリを見てびっくり。
Minecraft - Dynmap: HDmap サイズ
メインワールドのマップ画像だけで2.6Gってなにこれww

これがあと5ワールド分・・・と思うと見なかったことにしたくなる。
まぁネザーと資源マップは小さいので問題はないけれど問題はセカンドマップ。

メインと同じ位の広さがあるマップなのでサイズは・・・・(`゚´ω`゚´)
Minecraft専用にしてるSSDは120Gなので余裕はあるが・・・なんかマップデータよりサイズがでかくなるのってなんか複雑ww