またMabiSkillSkin更新・w・;

昨日更新していたのですが書き忘れていました_| ̄|○

今回の更新も2.19.0から実装した関連のバグ修正のみ。
といってもほぼ全ファイルが更新されています。

新機能は2点で、
以前から要望があった「新デザインのキャラ表示部分の背景を白くしたい」ってのに答えて透過する/しないを設定できるようにしました。
もう一つはアップロードされているファイル(htmlとjs)のバージョンをチェックして、アップミスがあった場合告知するようにしました。(設定で切り替え可能)

あとはIEのバグ?でフレームを使用していてフレームページの文字コードがSJIS以外だった場合、文字化けしてしまう問題を回避・・・したつもりです。(
scriptタグにcharset=shift_jisを追加しようとも化けてしまうので発想をかえてdatabaseの文字コードをurtf8にしたら問題は発生しなくなりました
・・・
IEのバグはよくわからんヽ(`Д´)ノ

あとは細かいバグ修正と、かなり前に機能を停止していた筈のスキル変換機能を完全廃止。
以前はMabiSkillSkin以外のスキルIDがあった場合はエラーが発生しましたが、今回からはエラーは発生せずMabiSkillSkinに存在しないスキルIDの場合は×のアイコンで表示されるようになり、スキル編集では無視されるようにました。

ダウンロードはマビノギ関連からどうぞ

foobar2000 1.0の再インストにチャレンジ。

前回から暫く経ってバージョンアップされていますね。
β版で1.1が出ているけれど今は手を出さないで今回は1.0.3.0を・・・

前回からPCの再インストール等色々新しくしたし、メッセの知り合いから面白い情報も聞いたのでfoobarもやってみよう!と言うことでやってみました。

前回同様に下記場所をバックアップ(パスはWinXPの場合)
c:\Program Files\foobar2000
c:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\foobar2000

あとはfoobar2000のサイトから1.0.3.0のインストーラーを落として通常インストール。
インストール後はfoobarを起動。
全ての設定が引き継がれて問題ないようにみえるけれど、再生すると前回同様にバリバリとノイズが聞こえます(´・ω・`)

ここでフレから教えて貰った情報を試します(`・ω・)b
foobarを終了し
c:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\foobar2000\configuration
ディレクトリ内のCore.cfg以外を全て削除。

そしてfoobarを再起動。
再生してみると・・!
バリバリは消えて元通り聴くことができるようになりましたヽ(゚∀゚)ノ
foobar2000 1.0.30

これで前回の目標だったスカイプとの連携はAMIPで出来るようになったけれど・・・・
AMIP使うと重くて死にそうになるし2バイト文字を扱えない。

なので、LiveMessengerはWindows Live Messenger Notifier (foo_wlm.dll)で、
SkypeはSkype連携プラグイン (foo_skypealt.dll)で連携を行うようにしました。

MabiSkillSkinバグ修正。

MabiSkillSkinを更新です・w・b
今回の更新はエーベルさんが担当で内容はバグの修正のみ。

何件かメールで来ていた「稀にJavaScriptエラーになって表示されない」症状について・・。
低速回線な場合などでjsファイルの読み込みが延滞した場合に発生するよう。
なので全ファイルの読み込みが完了してから実行されるように修正しました。

あとはコメントを頂いてたパラとDK両方のスキルを登録するとタブがはみ出る問題。
そのままでもイイカナーとか思ってたけどやっぱり修正(
パラとDK両方登録した場合はパラが優先されます。

今回も重要なファイル(temp_main.htmlとtemp_main_old.html) が更新されているので、カスタマイズされてる方はファイルのアップデート忘れのないように・w・ゞ

ダウンロードはマビノギ関連からどうぞ。

WordPress 2.9/3.0でflexible uploadを使った時のエラー

WordPress 2.9/3.0でflexible uploadってプラグインを使った時にエラーがでますよね・・
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in wp-admin/includes/image.php on line 124
ってやつです。

自分は警告が出るだけでアップロードも何もかもちゃんと動いていたので無視していたのですが、
友人が使って「これ表示しないようにできない?」と言われて解決に取りかかることに。

エラーの内容はからするにforeach()の引数がおかしいと。
調べてみると「foreach()への引数は配列でないといけない」との事。

とりあえずデバッグしてみる。
foreach()の引数である$sizesに配列どころかなにも入ってない。

なのでforeach()が実行される前に引数である$sizesが配列かどうかチェックしてやればいいんじゃない(・∀・)
・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・
チェックすると言ってもin_arrayで配列かどうかのチェックだけだけれど、この方法だとimage.phpを修正するほか考えが浮かばなかった。
なので・・・image.phpで呼び出されているintermediate_image_sizes_advanced、image_make_intermediate_size関連の動作を見るためにmedia.phpやplugin.phpを眺める

・‥…━(゚∀゚)━━━☆
続きを読む

Live Messengerにメンバー追加申請が山ほど・・

ここ2、3日WindowsLiveMessengerにメンバー追加申請が山ほど送られてくる((゜Д゜;))

最初の1日は既に登録済みのメンバーのアドレスから再度申請。
ここであれ?っと思ったのは相手の表示名。
ちゃんと知り合いからの登録だと「相手の表示名(相手のアドレス)」となっていたのに今回は全て「相手のアドレス(相手のアドレス)」となっている・・
Windows Live Messenger - メンバー登録申請

そしてもう一つはこちらのメンバーに登録済みのアドレスなのに再度申請があったこと。
再度申請があったアドレスのメンバーはオンラインなので確認してみたけれど、相手は間違いなく本人で特になにもしていないと。

とりあえず追加してみると、同じアドレスのメンバーが2つ表示されるようになった。
アドレスは全く同じなのだけれど本物はオンラインで偽物?はオフラインで名前もプロフィールも獲得不能。

そして日があいて・・・知らないアドレスからの山ほどの申請。
プロフィールは獲得不能、それにアドレスのアカウント部分には使用できない文字(@,<など)が含まれていたのでこれは怪しい・・・
Live ID獲得ページで使用できない文字が含まれていないアドレスを入力し登録確認をしてみると、アドレスは登録されていない扱いになっていました。

ということは架空のアドレスからメンバーの追加申請が来たことになる。 ガクガク((゜Д゜))ブルブル
なにか脆弱性でもあるんだろうか・・・

続きを読む